■ 「takt op.Destiny」4話。レニーと巨人から正しい戦い方を教わる

10月26日よりテレビ東京系6局ネット・BSテレビ東京にて放送されるTVアニメ「takt op.Destiny」Chapter4「開演-Showtime-」のあらすじと場面が公開された。
タクトと運命は、レニーと巨人から『正しい戦い方』についてレクチャーを受けながら、ニューヨークを目指して旅をしていた。だが、相変わらず息の合わないタクトと運命。そんな時、偶然レニーの古い知り合いである『ジョナサン』と再会する。ジョナサンは、タクト達を自分達が住む『ラスベガス』へと案内する。

■TVアニメ「takt op.Destiny」とは
クラシックの楽曲をモチーフにした少女たちが戦うT。原作はDeNA・広井王子さん、監督は伊藤祐毅さん、シリーズ構成は吉村清子さん、キャラクター原案はLAMさん、キャラクターデザインは長澤礼子さん、音楽は池頼広さん、制作はMAPPA×MADHOUSE。

音楽は人の心を照らす光――突如として、その『光』が世界から奪われる。空から黒い隕石『黒夜隕鉄』が降った夜、世界は様変わりした。黒い隕石から生み出された異形の怪物『D2』が、大地と人々を蹂躙し始める。D2は人の奏でる旋律に惹かれ、やがて『音楽』そのものが禁忌とされた。だが、その怪物に抗う者達が現れる。音楽を力とする少女達――『ムジカート』。彼女達は、人類史に残る偉大な歌劇、楽曲の楽譜(スコア)を身に宿し、D2を撃ち破る力とした。そして、彼女達を指揮し、導く『コンダクター』。

2047年。D2との抗争によって荒廃したアメリカ。コンダクターの『タクト』は、ムジカート 『運命』と共にニューヨークを目指して旅していた。音楽が失われた世界で、音楽を渇望する『タクト』D2の殲滅を望むムジカート『運命』。二人の少年と少女が生み出す旋律は、歓喜かそれとも絶望か――

朝雛タクト役を内山昂輝さん、運命役を若山詩音さん、アンナ・シュナイダー役を本渡楓さん、巨人役を伊藤美来さん、レニー役を日野聡さん、天国役を水瀬いのりさん、地獄役を上田麗奈さん、シントラー役を浪川大輔さん、ザーガン役を花輪英司さんが演じる。

(C)DeNA/タクトオーパスフィルハーモニック
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年12月4日(土)

2021年12月3日(金)

2021年12月2日(木)

2021年12月1日(水)

2021年11月30日(火)