■ 金田一がオッサンになっても事件に巻き込まれる「金田一37歳の事件簿」第11巻

天樹征丸さん原作、さとうふみやさん作画の漫画「金田一37歳の事件簿」第11巻が発売された。

「金田一少年の事件簿」の主人公・金田一一が37歳のオッサンになった20年後が舞台。最初の事件では、PR会社で働く金田一が上司の命令で「オペラ座館殺人事件」の舞台で過去に3度も事件が起きた歌島へ行かされる事態が展開。その後もさまざまな事件のエピソードが描かれる。

また公式ガイドブック「金田一37歳の事件簿 公式ガイドブック トリック詳細解説&金田一少年プレイバック付き」が同時発売された。

講談社による内容紹介は以下の通り。各巻の試し読みができるほか、コミックDAYSで第1~2話と連載分が読める。

第11巻電子版 (ebookjapan)
第11巻電子版 (Amazon)
第11巻書籍版 (楽天)
公式ガイドブック 電子版 (ebookjapan)
公式ガイドブック 電子版 (Amazon)
公式ガイドブック 書籍版 (楽天)
講談社コミックプラス「金田一37歳の事件簿(11)」
講談社コミックプラス「金田一37歳の事件簿 公式ガイドブック トリック詳細解説&金田一少年プレイバック付き」
※コミックDAYS
※各巻の試し読み
イブニング「金田一37歳の事件簿」

金田一一(きんだいち はじめ)37歳は小さなPR会社で働くしがないサラリーマン。オソカワミステリ大賞受賞作『綾瀬連続殺人事件』に見立てられ、埼玉・東京・神奈川の綾瀬で起きた連続殺人事件。金田一はついに犯人を確信し、いとこのフミは悲壮な決意を固める! 事件は空前絶後の頭脳バトルへーー!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年12月9日(木)

2021年12月8日(水)

2021年12月7日(火)

2021年12月6日(月)

2021年12月5日(日)