■ 「プラチナエンド」9話。奏を崇拝する新たな神候補が明日を狙う

12月2日よりTBSほかで放送されるTVアニメ「プラチナエンド」第9話「刺客の貌」のあらすじと場面が公開された。
新たな神候補が、明日たちに罠を仕掛けてきた。長髪イケメン、翼と矢の他に刀を武器として使う神候補、その名は底谷一(そこたにはじめ)。今まで悲惨な人生を歩んできたハジメは、自分とは正反対のメトロポリマンこと奏を崇拝し、忠実なしもべとなることを望んでいた。そのために明日たちを狙い、ある場所へと向かう。

■TVアニメ「プラチナエンド」とは
原作:大場つぐみ先生/漫画:小畑健先生のダークストーリー。監督は髙橋秀弥さん、キャラクターデザインは大舘康二さん、シリーズ構成は猪爪慎一さん、アニメーション制作はシグナル・エムディ。

「私が生きる希望 をあげる」
架橋明日(かけはしミライ)は家族を事故で失い、引き取られた親戚のもとでも辛い日々を送っていた。全てに絶望した少年は、中学校を卒業したその日、ビルの屋上から身を投げる。しかし、少年はそこで1羽の天使と出会う──!?

架橋明日役を入野自由さん、ナッセ役を小倉唯さん、花籠咲役をM・A・Oさん、ルベル役を花江夏樹さん、六階堂七斗役を森川智之さん、バレ役を茅野愛衣さん、生流奏役を石川界人さん、メイザ役を井上喜久子さん、底谷一役はを前野智昭さん、バルタ役を緑川光さん、山田美々々役を前田佳織里さん、南河水清役を千葉翔也さんが演じる。

(C)大場つぐみ・小畑健/集英社・プラチナエンド製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2022年1月19日(水)

2022年1月18日(火)

2022年1月17日(月)

2022年1月16日(日)

2022年1月15日(土)