■ 神に支配された世界で運命にあらがう「アフターゴッド」2巻

江野朱美さんの漫画「アフターゴッド」第2巻が発売された。

日本が神々に侵攻され、神の居場所が「危険区域」となっている東京が舞台。佐賀から上京してきた主人公の少女・神蔵和花が柵の向こうを覗いていたところ、警戒にあたっていた研究員・時永と出会う。目に神を宿す和花が世界の運命を変えていく。

小学館による内容紹介は以下の通り。各巻の試し読みができるほか、裏サンデーで第1~3話と連載分が読める。

第2巻 (楽天 書籍/電子)
第2巻 (ebookjapan 電子)
第2巻 (Amazon Kindle/書籍)
小学館「アフターゴッド 2」
※裏サンデー
※各巻の試し読み

この国に安全圏は無い。

神の居場所が危険区域となっている東京。
「神殺し」を誓う少女・和花は、対神科学研究所が
生み出した人造人間・名有との戦闘を強いられる。
和花の中に、彼女自身も制御不能な凶暴性が潜んでいると
知りつつ、それでも研究所の外で生活させるよう提案する
時永だったが、その矢先、思わぬ事態に巻き込まれ…?

江野朱美の渾身作、待望の第2巻。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2022年7月5日(火)

2022年7月4日(月)

2022年7月3日(日)

2022年7月2日(土)

2022年7月1日(金)