■ 「魔法使い黎明期」7話。自分の進むべき道について思い悩むセービル

5月26日よりTBSほかで放送されるTVアニメ「魔法使い黎明期」第7話「僕には何も救えない」のあらすじと場面が公開された。
魔法を仲間に当ててしまったホルトと、魔力切れで倒れてしまったクドー。落ち込む2人はさらなる成長のためゼロに相談しに向かう。しかし、あくまで魔力屋として振るまうセービルは、ゼロに「魔法使いを目指す気がないなら、君がこの村で学ぶことは何もない」と厳しい言葉をかけられてしまう。自分の進むべき道について思い悩むセービルだったが、ライオスと出かけた森で危機に直面することになり……!?

■TVアニメ「魔法使い黎明期」とは
原作は虎走かけるさん、キャラクター原案はいわさきたかしさん、監督・シリーズ構成は桑原智さん、文芸は虎走かけるさん・森田眞由美さん、キャラクターデザインは岩崎令奈さん、アニメーション制作は手塚プロダクション。

僕は、思い出せずにいる。自分が一体、何なのか――。魔法学校の生徒セービルは、入学以前の記憶がない。自分がなぜここにいるかもわからないまま過ごす学校生活はどこか空虚で、努力の方法も分からないまま、成績は常に最下位だ。そんなセービルに、魔法学校の学長・アルバスは、突如危険な特別実習を言い渡す。
「魔女狩りのある地域で、魔法の有用性を広めてほしい」
魔女と教会の戦争が終結して数年――世界はまだ、魔女と魔法を完全に受け入れてはいなかった。時は魔法使い黎明期。これは、何者でもない少年が、心に傷を隠した仲間たちと、自分を見つける物語。

セービル役を梅田修一朗さん、ロー・クリスタス役を岡咲美保さん、ホルト役を鈴代紗弓さん、クドー役を八代拓さん、泥闇の魔女役を花守ゆみりさん、傭兵役を矢野正明さん、神父役を水中雅章さん、アルバス役を大地葉さん、ホルデム役を加藤将之さん、リーリ役を石見舞菜香さんが演じる。

(C)虎走かける・講談社/魔法使い黎明期製作委員会
関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2022年7月1日(金)

2022年6月30日(木)

2022年6月29日(水)

2022年6月28日(火)

2022年6月27日(月)