■ 「ラブオールプレー」の第2クールキービジュアル。豊永利行が出演

7月9日の放送より第2クールがスタートするTVアニメ「ラブオールプレー」のキービジュアルが公開された。


亮と同級生で左利きの技巧派選手の岬省吾役を豊永利行さんが演じる。

亮と同級生で左利きの技巧派選手。6歳からバドミントンをはじめ、天才少年の名を欲しいままにしてきたが、神奈川に引っ越して出会った1学年上の本当の天才・遊佐によって中学時代は遊佐が卒業するまで個人戦での優勝を阻まれてしまう。高校では遊佐から離れたい一心で滋賀県のバドミントン強豪校に進学する。

■TVアニメ「ラブオールプレー」とは
小瀬木麻美先生のシャトルを追いかけ、青春をかけるバドミントン部の胸アツ爽快ストーリーが原作。監督は竹内浩志さん、シリーズ構成・脚本は金春智子さん、脚本は平見瞠さん・入江信吾さん・横手美智子さん、キャラクターデザインは金田莉子さん、音楽は林ゆうきさん、アニメーション制作は日本アニメーション・OLM。

主人公の水嶋亮は、中学校に入学し、勢いでバドミントン部に入部する。きちんとした指導者がいない中学校ではあったが、亮は持ち前の体力で県大会に出場するまでに上達。そんな亮に名門・横浜湊高校バドミントン部の名将・海老原先生から声が掛かる。優柔不断で弱気な亮は横浜湊高校に行くことを躊躇するが、横浜湊高校3年で成績トップの姉、里佳が強烈に背中を押すことで進学を決意。横浜湊高校バドミントン部には、無敵の双子・東山ダブルス、クールでイケメンの上海からの帰国子女・松田、パワフルでムードメーカー・榊など個性豊かな同級生がいた。さらに1つ先輩にはあの文武両道イケメンエースの遊佐賢人が。高校で指導者、チームメートに恵まれた亮は、今まで足りなかった経験を積んでいき、インターハイ優勝を目指す!

水嶋亮役を花江夏樹さん、遊佐賢人役を谷山紀章さん、榊翔平役を阿座上洋平さん、松田航輝役を古川慎さん、東山太一役を小野賢章さん、東山陽次役を柿原徹也さん、内田輝役を梶裕貴さん、横川祐介役を高橋広樹さん、水嶋里佳役を寿美菜子さん、海老原仁役を中井和哉さん、伊達晴臣役を鳥海浩輔さん、宮城蓮役を泰勇気さんが演じる。

(C) 小瀬木麻美・ポプラ社 / 横浜湊高校バドミントン部
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2022年8月13日(土)

2022年8月12日(金)

2022年8月11日(木)

2022年8月10日(水)

2022年8月9日(火)