■ 「BLEACH 千年血戦篇」キービジュアル&PV。先行上映会が9/11に

10月よりテレビ東京系にて放送されるTVアニメ「BLEACH 千年血戦篇」のキービジュアル第1弾&PV第1弾が公開された。

護廷十三隊の隊長陣と星十字騎士団(シュテルンリッター)に、総勢29キャラクターが描かれており、千年にわたる因縁、最後の戦いを表すビジュアルとなっている。

“千年血戦篇”最大の宿敵である滅却師(クインシー)の始祖・ユーハバッハの印象的なセリフから始まり、一護、そして護廷十三隊と星十字騎士団(シュテルンリッター)の戦闘シーンが描かれている。

9月11日に品川THE GRAND HALLにて千人先行上映会が実施される。第1話・第2話が先行上映され、第1部(久保帯人公式ファンクラブKlub Outside限定上映会)ではスタッフトークが、第2部では森田成一さん、折笠富美子さん、杉山紀彰さんによるトークショーが行われる。

TVアニメ「BLEACH 千年血戦篇」千人先行上映会

■TVアニメ「BLEACH 千年血戦篇」とは
原作は久保帯人さん、監督・シリーズ構成は田口智久さん、キャラクターデザインは工藤昌史さん、音楽は鷺巣詩郎さん、アニメーション制作はstudioぴえろ。

偶然か、あるいは必然か――とある出会いから死神の力を手にし《死神代行》となった黒崎一護は、現世で死した魂魄が集う場所・尸魂界(ソウル・ソサエティ)の動乱に巻き込まれ、熾烈な戦いの中、仲間と共に大きく成長を遂げてきた。そんな一護の暮らす空座町(からくらちょう)で異変が起こる。新たなる死神と、新たなる敵の出現。そして救いを求める声。一護は再び斬魄刀を取り、戦場へと旅立つ。

一方、尸魂界では、現世における突然の虚(ホロウ)の連続消失が観測され、この地へ導かれた魂が暮らす流魂街での住民達の失踪が発生、さらには死神たちの住む霊屋・瀞霊廷が賊軍に襲撃される。賊軍の正体は、滅却師(クインシー)の始祖・ユーハバッハが率いる《見えざる帝国(ヴァンデンライヒ)》。《見えざる帝国》は、死神たちに宣戦布告する。

5日後、尸魂界は"見えざる帝国"により殲滅される。

千年の長きにわたり死神たちが背負っていた因縁。その宿業と秘められた真実がついに紐解かれる。全ては終焉へ。黒崎一護の、最後の戦いが始まる――。

黒崎一護役を森田成一さん、朽木ルキア役を折笠富美子さん、石田雨竜役を杉山紀彰さん、井上織姫役を松岡由貴さん、茶渡泰虎役を安元洋貴さん、阿散井恋次役を伊藤健太郎さん、浦原喜助役を三木眞一郎さん、四楓院夜一役をゆきのさつきさんが演じる。

(C)久保帯人/集英社・テレビ東京・dentsu・ぴえろ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2022年8月9日(火)

2022年8月8日(月)

2022年8月7日(日)

2022年8月6日(土)

2022年8月5日(金)