■ 映画「ゆるキャン△」入場特典7弾・8弾は豪華2大描き下ろし特典に

7月1日に公開された映画「ゆるキャン△」の公開2週目となる8月12日より配布される入場者プレゼント第7弾が「あfろ先生描き下ろし メモリアルメッセージボード」(1種のみ)に、8月19日より配布される入場者プレゼント第8弾が「しゃちほこさんぽ特別号 ~アニメーションスタッフ特別寄稿小冊子~」(1種のみ)に決まった。

バイクに跨る大人になったリンの姿を描いたイラストと共にあfろ先生から劇場へと足を運んでくださった皆様への感謝を綴ったメモリアルメッセージボード。

大人になったリンが勤めるしゃちほこ出版の冊子がリアルに登場し、京極義昭監督をはじめ、キャラクターデザイン・佐々木睦美などを含むアニメーションスタッフ20名によるイラストを掲載!

■アニメ「ゆるキャン△」とは
原作はあfろ先生が「まんがタイムきららフォワード」に連載している同名コミック。監督は京極義昭さん、脚本は田中仁さん・伊藤睦美さん、キャラクターデザインは佐々木睦美さん、アニメーション制作はC-station。

これは、少し先の冬からはじまる物語。
志摩リンは故郷の山梨を離れ、名古屋のちいさな出版社に就職し、一人暮らしをしていた。とある週末、ツーリングの計画を立てていたところに、高校時代の友人・大垣千明から唐突にメッセージが届く。
「今、名古屋にいるんだが」

山梨の観光推進機構に勤める千明は、数年前に閉鎖された施設の再開発計画を担当していた。
「こんなに広い敷地なら、キャンプ場にでもすればいいじゃん」
そんなリンの何気ない一言から、動き出す千明。

東京のアウトドア店で働く各務原なでしこ、地元・山梨の小学校教師となった犬山あおい、横浜のトリミングサロンで働く斉藤恵那。 かつてのキャンプ仲間が集まり、キャンプ場開発計画が始動する。

キャンプでつながった五人が、今だからできることに挑む、アウトドア系ガールズストーリーの幕が上がる。

各務原なでしこ役を花守ゆみりさん、志摩リンを東山奈央さん、大垣千明役を原紗友里さん、犬山あおい役を豊崎愛生さん、斉藤恵那役を高橋李依さん、土岐綾乃役を黒沢ともよさん、各務原桜役を井上麻里奈さん、鳥羽美波役を伊藤静さん、犬山あかり役を松田利冴さん、が演じ、ナレーションを大塚明夫さんが担当する。

(C)あfろ・芳文社/野外活動委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2022年10月2日(日)

2022年10月1日(土)

2022年9月30日(金)

2022年9月29日(木)

2022年9月28日(水)