■ 「Engage Kiss」7話。星天教会の凄腕のエクソシストのシャロンが登場

8月13日よりTOKYO MXほかで放送されるVアニメ「Engage Kiss」#7「だけどいい、それでいい」のあらすじと場面、予告が公開された。
星天教会ーー表向きは博愛主義を掲げる世界最大のエクソシスト集団。突如ベイロンシティに現れた謎のシスターの正体は、その星天教会の中でも一際危険な存在、わずか12人しか存在しない凄腕のエクソシストーー拘魔聖圧者(リビングレリック)のひとり、「純潔のシャロン」ことシャロン・ホーリーグレイルだった。D災害をとりまく権力の構図を揺るがしかねない新たな力の登場に、退魔局の関係者は危機感を強めていた。そんな中、キサラは傷つき眠るシュウを前に、アヤノに対して、自分とシュウ、シャロンのあいだに因縁が生じた、雪山での出来事を語り始める。

■TVアニメ「Engage Kiss」とは
シリーズ構成・脚本を「冴えない彼女の育てかた」の丸戸史明さんが、キャラクターデザイン原案を「デート・ア・ライブ」のつなこさんが担当する。監督は田中智也さん、シリーズ構成・脚本は丸戸史明さん、キャラクターデザイン原案はつなこさん、アニメーションキャラクターデザイン・総作画監督は滝山真哲さん、サブキャラクターデザイン・総作画監督は古住千秋さん、音楽は藤澤慶昌さん、制作はA-1 Pictures。

新エネルギー資源の発見によって造られたメガフロート都市・ベイロンシティ。そこで小さな会社を営む青年・シュウ。彼は日頃の金遣いの荒さからひもじい生活を送っていた。そんなシュウを心配し、彼の事務所兼自宅に通う一人の少女・キサラ。彼女はベイロンシティ内の高校に通いながら、仕事の事務作業から家事まで面倒を見る。そしてもう一人、シュウが以前に所属していた会社の先輩であり、元恋人でもあるアヤノも彼のことを気にかけていた。太平洋に浮かぶ人工島で巻き起こるちょっぴり変わった関係性3人のドタバタラブコメディ、開幕。

緒方シュウ役を斉藤壮馬さん、キサラ役を会沢紗弥さん、夕桐アヤノ役をLynnさん、シャロン・ホーリーグレイル役を大久保瑠美さん、夕桐アキノ役を渡辺明乃さん、マイルズ・モーガン役を松田健一郎さん、三上テツヤ役を長谷川芳明さん、蜂須賀莎花役を内田彩さん、蜂須賀凛花役を大西沙織さん、蜂須賀ミハイル役を逢坂良太さんが演じる。

(C)BCE/Project Engage
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2022年10月2日(日)

2022年10月1日(土)

2022年9月30日(金)

2022年9月29日(木)

2022年9月28日(水)