■ 「メイドインアビス」2期8話。水もどきに侵され倒れていくガンジャ隊

8月24日より放送されるTVアニメ「メイドインアビス 烈日の黄金郷」第8話「願いの形」のあらすじと場面が公開された。
「水もどき」に侵され、次々と倒れていくガンジャ隊の面々。ついにヴエコも発症するが、ワズキャンから与えられた“香ばしいもの”を食べて回復する。同様にベラフも回復していたが、“香ばしいもの”を食べてしまったことを深く後悔し、精神を壊していた。動揺するヴエコを、ワズキャンは落ち着いた様子でイルミューイの元へ連れていく。そこでヴエコが目の当たりにしたのは…。

■アニメ「メイドインアビス」とは
WEBコミックガンマに連載中のつくしあきひと先生の同名コミックのTVアニメ化。監督は小島正幸さん、副監督は垪和等さん、シリーズ構成・脚本は倉田英之さん、キャラクターデザインは黄瀬和哉さん・黒田結花さん、音楽はKevin Penkinさん、アニメーション制作はキネマシトラス。

隅々まで探索されつくした世界に、唯一残された秘境の大穴『アビス』。どこまで続くとも知れない深く巨大なその縦穴には、奇妙奇怪な生物たちが生息し、今の人類では作りえない貴重な遺物が眠っている。「アビス」の不可思議に満ちた姿は人々を魅了し、冒険へと駆り立てた。そうして幾度も大穴に挑戦する冒険者たちは、次第に『探窟家』と呼ばれるようになっていった。

アビスの縁に築かれた街『オース』に暮らす孤児のリコは、いつか母のような偉大な探窟家になり、アビスの謎を解き明かすことを夢見ていた。ある日、母・ライザの白笛が発見されたことをきっかけに、アビスの奥深くへ潜ることを決意するリコ。リコに拾われた記憶喪失のロボット・レグも自分の記憶を探しに一緒に行くことを決意する。

深界四層でタマウガチの毒に苦しむリコ。リコを救ったのは成れ果てのナナチだった。ナナチを仲間に加え、ボンドルドの待つ深界五層へと三人は冒険を進める。そこで、出会ったプルシュカと名乗る女の子は、ボンドルドに育てられ外界を知らずにいた。リコの冒険話に夢中になり一緒に冒険に行きたいと願うが、あえなくボンドルドの実験に利用されてしまう。しかし、プルシュカは形を変えリコの白笛となり、一同は深界六層「還らずの都」へと進む。

そこには、成れ果てが独自の価値観を持って生活している「成れ果ての村」が存在していた。

リコ役を富田美憂さん、レグ役を伊瀬茉莉也さん、ナナチ役を井澤詩織さん、ファプタ役を久野美咲さん、ヴエコ役を寺崎裕香さん、ワズキャン役を平田広明さん、ベラフ役を斎賀みつきさんが演じる。

(C)つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス「烈日の黄金郷」製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2022年10月3日(月)

2022年10月2日(日)

2022年10月1日(土)

2022年9月30日(金)

2022年9月29日(木)