■ 14歳の女中が働く日々を描く「うちのちいさな女中さん」3巻

長田佳奈さんの漫画「うちのちいさな女中さん」第3巻が発売された。

昭和初期を舞台に、14歳の女の子・野中ハナが翻訳家・蓮見令子の女中として働く日々を描くストーリーだ。

令子の家に22歳の女中がやってくる予定だったが、14歳のハナがやってくる。予定外に子どもの女中がやってきて驚くが、10歳から女中をしているハナは年齢以上にしっかり者。ハナを受け入れての生活が始まる。

ゼノン編集部による内容紹介は以下の通り。各巻の試し読みができるほか、ゼノン編集部やLINEマンガで第1~3話と連載分が読める。

第3巻 (楽天 書籍/電子)
第3巻 (ebookjapan 電子)
第3巻 (Amazon Kindle/書籍)
ゼノン編集部「コミックス一覧」
※ゼノン編集部
※マンガほっと
※LINEマンガ
※各巻の試し読み

昭和9年、小暑。日が延びて、ハナにとって初めての東京での夏がやってきます。ハナは涼しげな簡単服を作ったり、夏の台所の一仕事など、女中としてまめまめしく働きます。そんなある日、蓮見宅にハナと同年代の女の子が訪れてきて…。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2022年12月8日(木)

2022年12月7日(水)

2022年12月6日(火)

2022年12月5日(月)

2022年12月4日(日)