■ 素子失踪後の公安9課「攻殻機動隊 THE HUMAN ALGORITHM」4巻

藤咲淳一さん脚本、吉本祐樹さん作画の漫画「攻殻機動隊 THE HUMAN ALGORITHM」第4巻が発売された。

士郎正宗さんの漫画「攻殻機動隊」第1.5巻の続きで、草薙素子が姿を消した後の公安9課を描く。バトーやトグサをメインに、アズマ、イシカワ、サイトーなどのほか、霊能局からやってきた新メンバーのツナギも登場。草薙素子の義体が発見される展開が描かれる。

講談社による内容紹介は以下の通り。各巻の試し読みができるほか、コミックDAYSで第1~2話と連載分が読める。

第4巻 (楽天 書籍/電子)
第4巻 (ebookjapan 電子)
第4巻 (Amazon Kindle/書籍)
講談社「攻殻機動隊 THE HUMAN ALGORITHM (4)」
※コミックDAYS
※各巻の試し読み
ヤングマガジン「攻殻機動隊 THE HUMAN ALGORITHM」

トグサとツナギが追跡していたクルマに突然1台のトラックが突っ込んできた。
運転手の男は即死。電脳にアクセスすると「オレは戦士だ」と叫ぶ人物の残像とともに多くの子どもたちの姿が見えた。
これらが何を意味するかは不明だが、死因にアフリカに生息するブラックマンバの毒がかかわっていると判明。
トグサとツナギは「新婚旅行の休暇」で、サハラのオアシスと呼ばれる「サヘル経済特区」に向かうことに!!

民族対立の裏で大国の思惑がうごめく世界で最も熱い場所で、新たな任務が始まる!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2022年12月8日(木)

2022年12月7日(水)

2022年12月6日(火)

2022年12月5日(月)

2022年12月4日(日)