■ 「神無き世界のカミサマ活動」は2023年放送。榎木淳弥、鬼頭明里

TVアニメ化が発表されていた「神無き世界のカミサマ活動」の放送時期が2023年と決まり、メインキャストが発表された。卜部征人役を榎木淳弥さん、ミタマ役を鬼頭明里さんが演じる。

▼卜部征人(CV:榎木淳弥さん)
「神地崇教」の教祖・卜部聡一朗の息子。教団の無茶な修行で命を落とし、異世界へ転生した。「神」や「宗教」はこりごりだと思っていたが、成り行きで「ミタマ」の信者集めを始めることに!?

▼ミタマ(CV:鬼頭明里さん)
前世での征人の教団の神様。異世界転生する際に征人が唯一持ってくることができた勾玉から出現した。見た目は幼いが、れっきとした神様......らしい?

怪しげな教団の教祖の息子・卜部征人は「産霊(むすび)の儀」という儀式中に命を落として異世界へ転生した。その世界で彼に待ち受けていたのは……神と名乗るミタマの力を取り戻すために信者を集めること。どうやらミタマが発揮できる力の大きさは、信者の数に応じて変わるらしいのだが、肝心な信者数は……まさかの“0”!?
「うそ…ボクの信者、いなさすぎ…」
征人が楽しく暮らしている「カクリ」という村を敵から守るため、また村を発展させるためにはミタマの力が必要だという。ミタマの力を取り戻すべく、征人はあの手この手を使いながら今日も信者集めに奔走する。果たして、ミタマの信者は集まるのか。そして、征人はこの世界で生き残れるのか――! 神無き世界で繰り広げられる、ポンコツ神ファンタジーが今はじまる!

原作は朱白あおいさん、作画は半月板損傷さん、監督は稲葉友紀さん、スーパーバイザーは末田宜史さん、シリーズ構成は朱白あおいさん、キャラクターデザインは吉川佳織さん、アニメーション制作はstudio ぱれっと。

(C)朱白あおい,半月板損傷/ヒーローズ/カミカツ製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2022年12月7日(水)

2022年12月6日(火)

2022年12月5日(月)

2022年12月4日(日)

2022年12月2日(金)