■ 「LUPIN ZERO」に早見沙織、安原義人、古川登志夫。本予告公開

12月16日よりDMM TVにて独占配信されるアニメ「LUPIN ZERO」のメインビジュアルと本予告が公開された。全6話構成で12月16日に第1話・第2話が、第3話からは毎週金曜に配信される。

少年は、如何にして“ルパン三世”となったのか?
1967年に連載を開始した、モンキー・パンチの人気漫画『ルパン三世』。その後さまざまなメディアで、世界を股にかけて活躍してきた世紀の大泥棒にも、まだ青い「少年時代」があった……。『LUPIN ZERO』は、ベールに包まれた彼のビギニングをついに描き出す。舞台は、原作連載当初の昭和30年(1960年)代。まだ何者でもない「少年ルパン」が、高度経済成長期の日本を駆け巡る!原作でも描かれている「少年ルパン」編からヒントを得つつ、懐かしくも新しいオリジナルストーリーが展開される。

「女は守れってのが、うちの家訓なんだ」というルパンのセリフから始まる。運命的な出会いをした同級生・次元、お目つけ役の家政婦・しのぶ、ルパンに盗術を教えた祖父・ルパン一世をはじめ、中学生のルパンを取り巻く登場人物が勢揃い。自分の人生を他人に決められたくない、まだ何者でもない少年・ルパンは、のちに相棒となる次元と出会い、選択を迫られることにー。

物語の鍵を握る美女・洋子役を早見沙織さん、ルパン家の住み込み家政婦・しのぶ役を行成とあさん、ルパンに盗術を仕込んだ祖父・ルパン一世役を安原義人さん、ルパンの父親で各地で盗みをはたらく泥棒・ルパン二世役を古川登志夫さんが演じる。

原作はモンキー・パンチさん、監督は酒向大輔さん、シリーズ構成は大河内一楼さん、設定考証は白土晴一さん、キャラクターデザインは田口麻美さん、音楽は大友良英さん、アニメーション制作はテレコム・アニメーションフィルム、製作はトムス・エンタテインメント。

ルパン役を畠中祐さん、次元役を武内駿輔さん、洋子役を早見沙織さん、しのぶ役を行成とあさん、ルパン一世役を安原義人さん、ルパン二世役を古川登志夫さんが演じる。

原作:モンキー・パンチ (C)TMS
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2023年2月7日(火)

2023年2月6日(月)

2023年2月5日(日)

2023年2月3日(金)

2023年2月2日(木)