■ 「劇場版転スラ 紅蓮の絆編」原初の悪魔の一柱・ヴィオレを富田美憂

11月25日より公開中のアニメ「劇場版 転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編」に登場する物語のカギを握る新キャラクターでディアブロと同じ【原初の悪魔】の一柱・ヴィオレ役を富田美憂さんが演じる。

ディアブロとは旧知の間柄である、「原初の悪魔」の一柱(ひとり)。自分より先に受肉したディアブロに苛立っている。

12月9日より配布が始まる入場者プレゼント第2弾が<ディアブロ&ヴィオレ>描き下ろし特製イラストカードに決まった。「魔王と竜の建国譚」(まおりゅう)で特定の条件をクリアすると【対象キャラのうち好きな★5戦闘キャラ】がゲットできる専用コードが付属する。

■アニメ「転生したらスライムだった件」とは
著:伏瀬先生、イラスト:みっつばー先生のライトノベルが原作。監督は菊地康仁さん、副監督は中山敦史さん、シリーズ構成は筆安一幸さん、キャラクターデザインは江畑諒真さん、モンスターデザインは岸田隆宏さん、音楽はElements Garden、アニメーション制作をエイトビットが担当する。

【魔国連邦】(テンペスト)の西に位置する【ラージャ小亜国】。かつては金の採掘で栄えていたが、今はその繁栄は見る影もなく、湖は鉱山毒に侵され、国は危機的状況に陥っていた。女王「トワ」は、王家に代々伝わるティアラの魔力を使い、毒を取り除いて民を守っていたが、その代償としてティアラにかけられた呪いを全身に受けてしまい、命を蝕まれていた。そんな中、テンペストに突如現れた、大鬼族(オーガ)の生き残り「ヒイロ」。ベニマルたちの兄貴分だったというヒイロは、トワに命を救われ生き延びていたのだった。自分を救ってくれたトワと【ラージャ小亜国】を守るため、テンペストのリムルに助けを求めに来たヒイロは、ベニマルと運命の再開を果たす。ラージャの危機を救うため、そしてトワにかけられた呪いの謎を解くため、リムルたちはラージャへ向かうが…。そこには驚くべき陰謀が待ち受けていた!

リムル役を岡咲美保さん、大賢者役を豊口めぐみさん、ヴェルドラ役を前野智昭さん、シズ役を花守ゆみりさん、ベニマル役を古川慎さん、シュナ役を千本木彩花さん、シオン役をM・A・Oさん、ソウエイ役を江口拓也さん、ハクロウ役を大塚芳忠さん、ミリム役を日高里菜さん、クロベエ役を柳田淳一さん、ランガ役を小林親弘さん、リグルド役を山本兼平さん、リグル役を石谷春貴さん、ゴブタ役を泊明日菜さん、カイジン役を斧アツシさん、トレイニー役を田中理恵さん、ガゼル役を土師孝也さん、ベスター役を津田健次郎さん、フューズ役を成田剣さん、ベルヤード役を山本格さん、エレン役を熊田茜音さん、ギド役を木島隆一さん、カバル役を高梨謙吾、三上悟役を寺島拓篤さん、ミョルマイル役を青山穣さん、ラミリス役を春野杏さん、カリオン役を内匠靖明さん、ユウキ役を花江夏樹さん、ケンヤ役を朝井彩加さん、リョウタ役を石上静香さん、ゲイル役を佐藤元さん、アリス役を白石晴香さん、クロエ役を田所あずささん、ヒイロ役を内田雄馬さん、トワ役を福本莉子さん、ラキュア役を木村昴さんが演じる。

(C)川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2023年2月2日(木)

2023年2月1日(水)

2023年1月31日(火)

2023年1月30日(月)

2023年1月29日(日)