■ 押井守監督実写映画「アサルトガールズ」の公式解説本が刊行

押井守監督が約8年ぶりに手掛ける長編実写映画「アサルトガールズ」が12月19日から公開されるが、その前に公式解説本「押井守withアサルトガールズ」が刊行される。

「アサルトガールズ」は実写版のSF映画。熱核戦争により荒廃してしまった砂漠を舞台に、黒木メイサさん、菊地凛子さん、佐伯日菜子さん扮する3人の美女ハンターが、パワフルな銃器を手に巨大モンスターに挑む。

公式解説本には、押井守監督のロングインタビューに加え、未公開現場スチルを多数収録したメイキング、藤原カムイさんによる描き下ろしトリビュートコミックなどが収録される。

なお、「アサルトガールズ」のテーマソング「SCREW」(左上写真)はKOTOKOさんが担当。「KOTOKO アサルトガールズ『SCREW』スペシャルサイト」で、プロモーション動画が公開されている。
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月3日(土)

2016年12月2日(金)

2016年12月1日(木)