■ 「けいおん!!」17話で唯が憂のために作ったおかゆの鍋を特定

けいおん!!」17話「部室がない!」は、排水管修理のため軽音部の部室が使用不可となり、練習場所確保のため学内を台車を押してウロウロする場面が印象に残っているが、泣けたのは平沢唯が書いた歌詞だ。平沢唯が、熱を出して寝込んでしまった妹の憂を看病している最中に書かれたもので、妹を思う気持ちが全面に出ている。

ネットでは、放送直後から、部室がない間に借りたレンタルスタジオや楽器を運ぶために使った台車、憂のために唯がおかゆを作った鍋などが特定された。「今日もやられやく」がまとめているので、興味のある人は見てみよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月6日(火)

2016年12月5日(月)

2016年12月4日(日)