■ 花澤+能登「恋の香り・こころ写して」夏コミ&電気外祭り出展

みさくらなんこつ氏、みついまな氏といったイラストレータープロデュース会社の「煉瓦社」が、オリジナルイメージキャラクターを描き下ろした新プロジェクト「恋の香り・こころ写して」(恋香写)がついに始動した。

イラストレーターのみさくらなんこつ氏が描き下ろした深澤葉月(CV.花澤香菜)と、みついまな氏が描き下ろした月無ゆゆか(CV.能登麻美子)が、7点のグッズになって「秋葉原電気外祭り3」と「コミックマーケット78」、そして公式ページにて販売される。

秋葉原UDX AKIBA_SQUAREで開催される「秋葉原電気外祭り3」には、8月12日(木)のみ参加で、出展スペース番号は「1」。8月13から8月15日まで東京ビックサイトにて開催される「コミックマーケット78」は、西ホール3・4の出展スペース「161」にて販売を実施。また、公式ページでは8月2日より8月31日までの期間限定で通販が行われる。

●花澤香奈と能登麻美子が演じる激甘オリジナルドラマCD
恋香写グッズの目玉は、花澤香奈さんと能登麻美子さんが演じる、恥ずかしすぎて悶絶!? バーチャルデート+愛の告白「夏の特製ドラマCD」だ。花澤さんが演じるツンデレキャラ「葉月」、能登さん演じる「ゆゆか」の暴走癒しキャラぶりをたっぷりフルボリュームで堪能できる。公式ページには、花澤さんと能登さんからのメッセージが公開されているぞ。

「恋の香り・こころ写して」は、ひまわり畑と青い空が果てしなく広がる海辺の町で紡がれるありふれた恋愛ストーリー。けれど、主人公たちにとっては、一生胸に刻まれる大切な思い出となる。この夏がくれた宝物をいとおしむように、主人公はその手をギュッと握る。ただひたすら、この時が続くことを願って……。

花澤香菜が演じるツンデレキャラ「葉月」
花澤さんが演じる深澤葉月は、成績は優秀で、性格もハキハキと明るい非の打ち所がない美少女。当然、男子生徒からはモテモテだが、男性からの告白を受け入れたことはまだない。何十人という男子生徒が手を伸ばしても決して届くことはない「ミス・高嶺の花」といえる存在だ。

ただし、主人公の藤原光司には、クラスメイトの中でも特別親しみを感じている。なぜなら、彼だけが自分をスター扱いせずにフランクな態度で接してくれるからだ。「普通の女の子」に憧れている節があり、「貧乳」というワードには異常なまでに反応する。

能登麻美子が演じる暴走癒しキャラ「ゆゆか」
一方の、能登さんが演じる月無ゆゆかは、主人公が通う学園の生徒会長で、学年は1つ上。3年生に見えない幼い容姿や、誰にでも笑顔で接するところから、癒し系のアイドルとして学園では男子女子を問わず人気を集めている。

のんびりしているようだが、周囲のことは誰よりもよく見ているので、誰かが落ち込んだりしている時にはいち早く気づいて声をかけたりする。主人公が、町で迷子になった女の子のお母さんを探してあげているときに出会い、一緒になってお母さんを探したことから仲良くなる。

●買わなきゃ損! 夏の思い出が詰まったグッズは豪華7点セット
特製「夏のドラマCD」のほかに予定されている恋香写グッズを写真付きで紹介しよう。執筆時点で、全7点のうち、6点が公式ページで発表済みとなっている。

高さ約12cmのイラスト入り「夏仕様ロンググラス」、プラスチック製「特大A3サイズデスクマット」、メインイラストが入ったオリジナル「ペーパーバック」、老舗メーカーに製造を委託した「ラムネ」、葉月のちょっと誘いめイラストに胸が高鳴る「携帯ゲーム機用ドレスアップステッカー」など、夏の思い出が目一杯詰まったグッズとなっているぞ。

①特製「夏のドラマCD」

②夏仕様ロンググラス

③特大A3サイズデスクマット

④ペーパーバック

⑤ラムネ

⑥携帯ゲーム機用ドレスアップステッカー


さらに、7月1日から8月12日のフェア期間内に協賛店舗で買い物をしたレシートを「秋葉原電気外祭り3」煉瓦社ブースに持参すると、限定ポストカード(非売品)がもらえるキャンペーンを実施中だ。詳細は、「恋の香り・こころ写して」オフィシャルホームページレシートフェアサイトを参照してほしい。

関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月3日(土)

2016年12月2日(金)

2016年12月1日(木)