■ 中国人が作った「けいおん!!」の3DCGがクオリティー高すぎる

中国人が作ったと思われる動画「3Dで『放課後ティータイム』を作ってみた【ねんどろいど風】」が、そのクオリティーの高さから注目を集めている。日本では、MMDを使った3D映像が主流だが、この動画はこれまで見たことがない本格的な3Dアニメーションとなっている。しかも、キャラクターがねんどろいど風でかわいいのだ。

動画のコメント欄に「去り行く五人の少女、そして永遠の桜高軽音部に捧げます」とあることから、かきふらい原作のコミック「けいおん!」が、「まんがタイムきらら10月号」で最終回を迎えることにショックを受けて、記念に作られたものと思われる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月6日(火)

2016年12月5日(月)

2016年12月4日(日)