■ 戸松遥演じる「否定姫」が感じ悪い「刀語第八話」が評価高い

刀語 第八話 / 微刀・釵」の評判がよい。西尾維新特有の奇をてらった展開がなく、素直にストーリーを消化したことに好感を持った人が多かったようだ。

ネットでの評判とあらすじを、「売りスレまとめ+」がまとめている。ネタバレ注意で、興味のある人は読んでみて、ぜひ第八話を鑑賞してほしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月3日(土)

2016年12月2日(金)

2016年12月1日(木)