■ 風早は浪川で大丈夫か? と言われた浪川大輔が2期を喜ぶ

浪川大輔さんのブログのコメントに、「君に届け第2期おめでとうございます!」というコメントが多く書き込まれているそうだ。

第1期がスタートする前、「風早くん、浪川で大丈夫か?」という声を聞くたびに、「なにくそぉ!」「やってやる!」「風早くんを生き生きさせてやる!」と悔しい思いをしていたとのこと。

自分の中で「かっこつけない」「作りこまない」「風早くんに委ねる」「いわゆる自然体に」と決めていたものの、実際に収録する際はこれが難しく、当時33歳だった浪川大輔さんは年齢的に正直混乱したこともあったという。

しかし、周りにいるスタッフやキャストを見て、「ひとりで作ってるんじゃない」「何より楽しみに待ってる人たちがいる」と気づき、風早役を演じきったそうだ。

関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月4日(日)

2016年12月3日(土)

2016年12月2日(金)

今日予約開始の商品