■ 下田麻美がTwitterの良さ、難しさについてじっくりと語る

半年前からTwitterを始めた下田麻美さんが、Twitterの素晴らしさや難しさについて、かなり長い文章でブログに綴っている。

ブログと違って、わざわざ見に行かなくても自動的に相手のリアルタイムな情報が表示されるところがTwitterのいいという下田麻美さん。今までになかった人付き合いや活動のきっかけになることがあることを実感しているそうだ。

一方で怖いのは気軽にすぐにつぶやけること。「頭にきたことがあったり、誰かの発言に対して気に入らない部分があった時に、冷静な判断をするに至らないまま、投稿ボタンを押してしまう。たったこれだけの動作があっという間にTwitterを通して何千、何万という人の目に触れてしまう可能性がある」という下田麻美さんの意見に、納得する人も多いはずだ。

たくさんの人の前で発言する機会が多いので、発言にはとても気をつかっているという下田麻美さんの「投稿ボタンを押す前に、この文章って、相手に対してどんなふうに伝わるのかなぁって考えてもらえたら、もっと素敵なコミュニケーションの場に繋がるんじゃないか思います」という提案には、とても説得力がある。

関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月4日(日)

2016年12月3日(土)

2016年12月2日(金)

今日予約開始の商品