■ 往生際の悪い生天目仁美、花粉症は不治の病なのだ

花粉症の自覚はあったものの、昨年はほぼ症状が出ず、もしかしたらよくなったのではと思っていた生天目仁美さん。知り合いの病院で血液検査を受けたところ、自覚していた杉花粉だけでなく、ブタ草以外はすべて陽性だったそうだ。

ショックを受けている生天目仁美さんだが、花粉症はよほどの体質変化がないと治らない不治の病。

確かに昨年は花粉症の人にとって比較的すごしやすかったのだが、昨年夏の記録的猛暑の影響で、今年は関東では7~8倍の大量飛散の可能性があるといわれている。つらい、つらいこれからの季節をともに耐え抜きましょう。

関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月9日(金)

2016年12月8日(木)

2016年12月7日(水)

今日予約開始の商品