■ 田中理恵、人妻を演じた映画「死にゆく妻との旅路」に号泣

三浦友和さんと石田ゆり子さん主演の実写映画で、2月19日から公開される「死にゆく妻との旅路」の完成披露試写会が行われた。

「死にゆく妻との旅路」は、走行距離にして6000キロ、272日にわたる夫婦2人の旅を描いた物語。夫は4000万円の借金を抱える身、妻は大腸がんの手術を終えたばかりの身で、保護責任者遺棄致死という罪状で逮捕された男性の実話がもとになっている。

実はこの映画に、田中理恵さんが人妻役で出演。映画を見た田中理恵さんは号泣したそうだ。ちなみに、最初と最後の方にちょっぴり出ていた自らの姿は、生活に疲れた主婦っぽいイメージがしっかりと出ていたとのこと。

関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月11日(日)

2016年12月10日(土)

2016年12月9日(金)