■ angelaのKATSUが地震直後に作り上げた新曲「(仮)記憶」

angelaの公式サイトに、「東北地方太平洋沖地震の被害にあわれました皆様へ」と題されたコメントが掲載されている。

東北地方太平洋沖地震が発生したとき、スタジオにこもっていたというKATSUさん。軋む壁の音と轟音、そして崩れ落ちる置き物や楽器。いったんはスタジオの外へと飛び出したものの、余震がしばらく続く中、再びスタジオへ戻り、鍵盤の前でピアノをずっと弾いていたそうだ。

慌てた様子で社長がスタジオに入ってきて、「何やってるの? 今は逃げなさい!」という言葉に我に返ったというKATSUさんが、「何かを残さなければ…」と作り上げた曲がおそらく「(仮)記憶」。その音源が公開されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月6日(火)

2016年12月5日(月)

2016年12月4日(日)