■ 坂本真綾が声で出演、主題歌も歌う「キミとボク」の予告編

坂本真綾さんが声で出演し、主題歌も歌う映画「キミとボク」が、5月14日から順次全国で公開される。予告編では、坂本真綾さんによる声が聞ける。

「キミとボク」は、実話をもとにした人気Flashアニメを実写映画化したもの。猫の銀王号と、漫画家を目指す青年の出会いと別れを切々と描いている。

猫の“ボク”役の声を坂本真綾さんが、青年の“キミ”役を中村蒼さんが担当。坂本真綾さんの7thアルバム「You can't catch me」に収録されている「手紙」が主題歌に使われている。


関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月6日(火)

2016年12月5日(月)

2016年12月4日(日)