■ 声優・白土麻子の連載コラム「あさ☆コラム」がスタート


はじめまして。今回からコラムを書かせて頂くことになりました白土麻子です。声優をやっております。以後よろしくお願いします。知ってるよ、というそこのあなた、愛してます。

では、白土麻子とは何者であるかをご挨拶がてらお話させてください。乙女心溢るる射手座で、よく「O型でしょ?」と言われるO型です。ファンタジー職業適正診断では、3回やってみた結果「魔物使い」「王様」「盗賊」になり、3回やって3回とも僧侶レベルが抜きん出て足りません。

趣味は食べること。お肉ラブ。そしてゲームに花札、麻雀(でもどれも弱いです)。猫大好きで、大概の猫キャラを愛していますが、「どこでもいっしょ」では誰が何と言おうとウサギ派です。

他にも色々ありますが、漫画も好きです。好きな漫画は、数多いですがやはり「魁!!男塾」が特に大好きです。独眼鉄の雄姿は何度見ても泣けます。押忍! アメトークで男塾芸人を見たいなーと願う私です。

最近ですと、Xbox 360用ゲーム「ファントムブレイカー」という美少女とイケメンお兄さん満載の格闘ゲームにて紅葉役で出演させて頂いております。

このお仕事を目指したきっかけはと言いますと、ズバリ「ドラえもん」。子供の頃は毎週欠かさず楽しみに見ていました。タケコプターはすごく欲しかったですし、学校に遅刻しそうなときは、「画面の向こうからどこでもドアがやって来ない、のび太ばっかりずるい!」と本気でのび太くんに嫉妬しておりました。

この頃はまだテレビの向こうと現実との区別がついていなかったので、ドラえもんたちは自分たちと同じように生きているものだと信じて疑っていませんでした。

ちなみに、サスペンスドラマなどで死ぬ人は、覚悟を決めてきた人で、実際に殺されていると思っていたので、人が刺されるシーンを見ると、「ぎゃ! この人死んだ、痛い! でも続き気になる!」と、テレビの前で一喜一憂。よく言えば素直な子供、実態はおつむの残念な子でした。でもこういうの、私だけじゃない・・・ですよね? ね?



おっと話が逸れましたね。話を声優を目指したきっかけに戻しましょう。あるとき、その大好きなドラえもんの登場人物は、声優さんという私たちと同じ生身の人間が声を当てていると聞いたのが始まりです。

「中の人などいない!」どころか、キャラクターがそのまま実在していたと思っていたので、絵と声は別物と知ってまさに目から鱗。白土麻子9才、ちょっぴり大人の世界を垣間見た瞬間でした。

それからは、見る目が変わり、キャラクターたちがどんな表情でどんな感情を乗せて話しているのか、また、それはどんな名前の人が演じているのかをチェックするようになりました。

もともとテレビを見るのが好きな子どもでしたが、それ以降さらにアニメを見ることが増え、名前を覚えた声優さんが他のアニメでまったく違う役柄や声で演技しているのを見て、「声だけでこんなにたくさんの表現ができるなんて声優さんってすごいや!」と感動したものです。

さらに、趣味のところで少し触れましたが、漫画を読むのも好きだったので声優さんを知り、意識するようになってから好きなキャラクターに声を当てながら読んでみたらすごく楽しくなっちゃったんですね。

それからは、「声優さんってすごい!」から、「そんな声優さんに自分もなりたい!」へと思いが移り、そのまま駆け抜けて今、ここでコラムを書かせて頂くに至りました。うーん、人生ってびっくりドンキー。……はい、ドンキーって言いたかっただけです。お肉ラブなので。

それはさておき! そんな私が憧れだった場に実際立つことができ、その間に感じたことや心がけていることなどなど声優になりたいと思っている人や、声優さんが大好き! という人はもちろん、たまたま何も知らずにこれを見て下さった人にもこの世界のことを知ってもらえるように、思ったことを思ったまま、書いていきたいと思います。

みなさま、どうぞお付き合いくださいませませ♪(文・イラスト:白土麻子)

白土麻子(しらつちあさこ)
声優・ナレーター。AKATSUKI project所属
出演作品
●ゲーム:Xbox 360「ファントムブレイカー」(紅葉役)
●外国映画:映画「紳士は金髪がお好き」(ローレライ役/マリリン・モンロー)、「百万長者と結婚する方法」(ポーラ役/マリリン・モンロー)
●ナレーション「痛車列伝 ~見よ!このわたしの姿を!~」「痛車列伝 ~痛車は、いま赤く燃えているか!?~」
公式ブログ「食事とご飯」

このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月5日(月)

2016年12月4日(日)

2016年12月3日(土)

今日予約開始の商品