■ 分配額が多い曲を称えるJASRAC賞に「残酷な天使のテーゼ」

2011年の「JASRAC賞」が5月24日に発表され、「新世紀エヴァンゲリオン」の主題歌として根強い人気を誇る「残酷な天使のテーゼ」が金賞に輝いた。

JASRAC賞は、JASRACの著作物使用料の分配額が多かった上位作品に与えられる賞。「新世紀エヴァンゲリオン」は2010年の銅賞からジャンプアップし、ついに最上位の賞となる金賞にまで上り詰めた。

「残酷な天使のテーゼ」は15年前の作品ながら、ゲームやパチンコ・パチスロ機の音楽に使われたり、カラオケでもよく歌われたことが、金賞に輝いた要因。ただし、2010年度に日本で最も流れた楽曲というわけでなく、JASRACの著作物使用料の徴収方法が生んだ結果ともいえる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月5日(月)

2016年12月4日(日)

2016年12月3日(土)

今日予約開始の商品