■ 日笠陽子が「アメリカン・グラフィティ」BD版で吹き替えを担当

8月3日に「アメリカン・グラフィティ Blu-ray」が発売される。その吹き替えキャストが声優の寺門真希さんのブログで報告されている。

4人の主人公であるカート役を堀内賢雄さん、ステーブ役を森川智之さん、ジョン役を井上和彦さん、テリー役を石田彰さんが演じるほか、DJのウルフマン・ジャック役を大塚芳忠さんが担当。冬馬由美さん、井上喜久子さん、内田直哉さん、日笠陽子さんも出演する。

「アメリカン・グラフィティ」は1973年に公開されて大ヒットを記録した、ジョージ・ルーカス監督による青春群像ドラマ。1962年のカリフォルニア北部の街を舞台に、性格も生活も異なる4人の若者が一夜のうちに経験する出来事を、当時のヒットナンバーに乗せて描いている。

日笠陽子さん演じるキャロルって、どんな役だったっけと思ったら、あの少女か。


このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月6日(火)

2016年12月5日(月)

2016年12月4日(日)