■ 成長した今なら…寿美菜子が再び実写映画出演に意欲!?

12月16日まで渋谷ユーロスペースでレイトショー公開中の「-×-(マイナス カケル マイナス)」。藤本凛役を演じた寿美菜子さんと伊月肇監督のトークショーが12月7日に行われ、シネマトゥデイにそのレポート記事が掲載されている。

「-×-(マイナス カケル マイナス)」は、寿美菜子さんが東京の高校に転校する前に地元・近畿で撮影された実写映画。イラク戦争開戦までの3日間を、鬱屈したタクシードライバーと14歳の女子中学生の2つの物語を通して、偶然につながり、すれちがう人間たちの世界を静かに描いている。

トークショーで寿美菜子さんは「また、実写にもかかわれたらいいですよね」と、再びの実写映画出演への意欲ものぞかせたとのこと。なお、伊月監督と寿美菜子さんがタッグを組んだ実写映画はあと2作ほどあり、この作品が成功すればそれらのDVD化も視野に入れているそうだ。


関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月3日(土)

2016年12月2日(金)

2016年12月1日(木)