■ 2011年声優シングル売上ランキングTOP10を30代声優が独占



2011年の声優・アニソンアーティストに限った、シングル/アルバムの売上枚数ランキングをわざわ作ってくれた人がおり、それぞれ90位、59位まで見ることができる。

シングル売上ランキングでは、1位「SCARLET KNIGHT」、2位「POP MASTER」、3位「純潔パラドックス」と水樹奈々さんが3位までを独占。4位「Endless Story」(田村ゆかり)、5位「For myself」(神谷浩史)、6位「インモラリスト」(堀江由衣)、7位「STRAIGHT JET」(栗林みな実)、8位「プラチナLover's Day」(田村ゆかり)、9位「TERMINATED」(茅原実里)、10位「Buddy」(坂本真綾)となっている。

興味深いのが、TOP10をすべて30代の声優さんが占めているところ。ここ最近は若手声優さんの人気が高まっているが、シングルCDの売上に限れば、30代の声優陣が非常に強いことがわかる。

一方のアルバム売上ランキング1位は「THE MUSEUM II」で、またまた水樹奈々さんがトップに。ちなみに、10万枚を突破したのは「THE MUSEUM II」だけだった。

2位は坂本真綾さんの「You can't catch me」、3位「Spring is here」(スフィア)、4位「love your life, love my life」(豊崎愛生)とここでようやく20代の声優(ユニット)が登場。以下、5位「VINTAGE White」(林原めぐみ)、6位「Driving in the silence」(坂本真綾)、7位「AYA MUSEUM」(平野綾)、8位「Stories」(神谷浩史+小野大輔)、9位「SUPERNOVA」(GRANRODEO)、10位「infinite synthesis」(fripSide)と続いている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月7日(水)

2016年12月6日(火)

2016年12月5日(月)

今日予約開始の商品