■ 朴ロ美がつくづく「彼氏が欲しいなあ」と思った瞬間とは?

怖いものなんて何一つないように見える朴ロ美さんだが、昨日の夜はとっても怖い思いをしたらしい。

下の部屋で物音がすることに気づいた朴ロ美さんは、意を決してフォーク片手に降りてみることに。そこには……もちろん誰もいなかったのだが、メチャクチャ怖かったそうだ。

こういうときにつくづく思うのは、彼氏が欲しいということ。朴ロ美さんにも守ってくれる人が欲しくなるときはあるのだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月4日(日)

2016年12月3日(土)

2016年12月2日(金)

今日予約開始の商品