■ I'veとKeyサウンドに酔いしれよう「ビジュアルアーツ大感謝祭」

今年の夏もアニメ・ゲーム関連のイベントが数多く開催されるが、そんな中でも注目イベントの1つが、7月29日(日) に横浜アリーナで開催される「ビジュアルアーツ大感謝祭 -きみとかなでるあしたへのうた-」だ。

ビジュアルアーツが誕生してから20年。ビジュアルアーツの作品を彩ってきたI'veとKey Sounds Labelのライブステージを核に、ビジュアルアーツの歴史と人気ゲームを中心とした展示物、定番グッズはもちろん、このイベントでしか手に入らないレアなグッズも揃う物販、復活を果たすクラブイベント「OTSU」などで構成された、朝から夜まで楽しめるまさにビッグイベントとなる。

●5時間を超えるI've&Key Sounds Labelの熱狂のライブ
「ビジュアルアーツ大感謝祭 -きみとかなでるあしたへのうた-」の中心は、なんといってもライブステージだ。前半は、ビジュアルアーツ作品に欠かせないI'veサウンドにかかわりのあるアーティストとして、KOTOKOさん、川田まみさん、島みやえい子さん、詩月カオリさん、C.G mixLarval Stage Planningが登場し、2時間半にわたって熱いライブを繰り広げる。


後半の2時間半は、「AIR」「CLANNAD」「智代アフター ~It's a Wonderful Life~」「リトルバスターズ! エクスタシー」などの主題歌を歌ったLiaさんと、「Angel Beats!」の劇中バンドGirls Dead Monster(ガルデモ)のユイの歌担当として大ブレイクを果たしたLiSAさんを中心とした、Key Sounds Labelのライブステージとなる。どちらのステージも大いに盛り上がり、そして感動が分かち合えること必至だ。

●麻枝 准書き下ろし記念ソングCD付き前売り券を先行販売中
ライブステージと、ビジュアルアーツの20年の軌跡がたっぷりと詰まった展示を見るには、チケットが必要。チケットの一般発売は5月27日からだが、チケット先行予約が4月30日18時までイープラスで実施中だ。先行・一般販売にかかわらず、チケット購入者には麻枝 准さん書き下ろし記念ソングCDが会場にて手に入る。ちなみに、物販コーナーとクラブイベント「OTSU」には無料で入場できる。

当日、横浜アリーナに駆けつけることができないという人はニコニコ生放送をチェック。ライブの模様はニコニコ生放送で有料配信される。ライブ映像だけでなく、舞台裏やアーティストインタビューなどの映像も含まれ、2000円を支払うだけの価値アリだ。また、横浜アリーナ内別会場でのミニイベントを生放送する「ビジュアルアーツ大感謝祭の舞台裏(仮)」は無料で配信される。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月3日(土)

2016年12月2日(金)

2016年12月1日(木)