■ 後藤邑子がひだまり荘に帰って来られた喜びと感謝をブログに綴る


TBSでは昨夜からTVアニメ「ひだまりスケッチ×ハニカム」がスタートし、ヒロ役で後藤邑子さんが現場復帰を果たした。

自己免疫疾患の治療ため、まだ入院中の後藤邑子さんはマネージャーさん2人がかりで現場に到着。年内は普通に仕事をするのは無理と言われていた後藤邑子さんをギリギリのタイミングまで待ってくれたスタッフは、感染症を予防するためにみんなマスクをつけてくれていたとのこと。

現場では、キャストみんなからそれぞれの「おかえりなさい。」が、そして原作者の蒼樹うめさんもスタジオで待っていてくれて「おかえりなさい。」と言ってもらい、後藤邑子さんは「ただいま。」と初めて口にして、涙が出てきたそうだ。

そして後藤邑子さんはブログを読んで応援してくれていたみんなにも「ただいま」の言葉を。ずっと言いたかった言葉で、「待っててくれてありがとう。祈ってくれてありがとう。私以上に私を信じてくれてありがとう」と感謝の気持ちを綴っている。

とはいえ、後藤邑子さんはまだまだ完全復活に向けての一歩をゆっくりと踏み出したばかり。がんばっている後藤邑子さんを長い目で温かく見守っていこう。

関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月5日(月)

2016年12月4日(日)

2016年12月3日(土)

今日予約開始の商品