■ Eテレ「ETV特集」で冨田勲×初音ミクの異次元コラボを取り上げる


2月3日(日)22:00からEテレの教養情報番組「ETV特集」で、「音で描く賢治の宇宙 ~冨田勲×初音ミク 異次元コラボ~」がオンエアされる。

作曲家、シンセサイザー奏者としておなじみの冨田勲さんは、宮沢賢治の計り知れない言葉の宇宙に幼少のころよりインスピレーションを受け続け、十数年の構想を経てシンフォニー「イーハトーヴ交響曲」を作曲。2012年11月23日に東京オペラシティで、合唱も含めた総勢300名の大オーケストラにより演奏され、初音ミクがソリストとして起用されて大きな話題を呼んだ。

番組では、5か月に及ぶ制作過程に密着し、なぜ宮沢賢治の世界に初音ミクなのか? 交響曲誕生の裏に秘められた宮沢賢治の「雨ニモマケズ」をめぐる10年越しの約束とは? 自らも少年時代に大地震に被災したという冨田勲さんが交響曲に託した東北の被災者への思いとは? など「イーハトーヴ交響曲」に込められた冨田勲さんの思いに迫る。

なお、「富田勲×初音ミク『イーハトーヴ交響曲』」のコンサートの模様は1月23日にリリースされるCD「イーハトーヴ交響曲」に収録される。


このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月7日(水)

2016年12月6日(火)

2016年12月5日(月)

今日予約開始の商品