■ 森田成一、生死の境をさまようほど危険な状態だったことを告白

「TIGER & BUNNY」のバーナビー・ブルックスJr.役や「BLEACH」の黒崎一護役などで知られる森田成一さんが、アナフィラキシーショックで生死の境をさまようほど危険な状態だったことをTwitterで告白している。

アナフィラキシーとは、ハチ毒や食物、薬物などが原因で起こる急性アレルギー反応の1つ。じんましんや紅潮(皮膚が赤くなること)などの皮膚症状や、ときに呼吸困難、めまい、意識障害等の症状を伴うことがあり、血圧低下などの血液循環の異常が急激に表れるとショック症状を引き起こし、生命を脅かすような危険な状態に陥ってしまうことをアナフィラキシーショックと呼ぶらしい。

本当に怖い経験をしたという森田成一さんは無事退院し、本日から仕事に復帰しているとのことだ。

関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月6日(火)

2016年12月5日(月)

2016年12月4日(日)