■ 東京アニメアワードの最優秀作品に「おおかみこどもの雨と雪」

東京国際アニメフェアが主催する「東京アニメアワード2013」のアニメーション オブ ザ イヤーが発表され、細田守監督作品の「おおかみこどもの雨と雪」に決定した。

アニメーション オブ ザ イヤーは、過去1年間に国内で放送・上映・販売されたアニメーション作品から優れた作品を選定するアワード。細田守監督作品としては「時をかける少女」「サマーウォーズ」に続いての受賞となる。

「おおかみこどもの雨と雪」は「時をかける少女」と「サマーウォーズ」同様に、脚本を奥寺佐渡子さん、キャラクターデザインを貞本義行さんの鉄板コンビが担当。人間とオオカミの2つの顔を持つ“おおかみこども”と、彼女たちを育てることになった女性の母と子の物語が描かれている。

3月8日に発表される「第36回日本アカデミー賞」最優秀アニメーション作品賞も「おおかみこどもの雨と雪」が最有力か!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月9日(金)

2016年12月8日(木)

2016年12月7日(水)