■ 第7回「声優アワード」の全受賞者まとめ、授賞式は3月2日に開催

第7回「声優アワード」の各賞が公式サイトならびに公式Twitterで発表され、全受賞者が決定した。

主演として活躍した声優を称える「主演男優賞」は梶裕貴さん、「主演女優賞」は阿澄佳奈さんが受賞。一般投票で賞のカテゴリを問わず、最も多くの票数を集めた声優さんに贈られる「最多得票賞」は2年連続で神谷浩史さんが選ばれた。

助演として最も活躍した声優に授与される「助演男優賞」は小野友樹さんと諏訪部順一さん、「助演女優賞」は大原さやかさんと戸松遥さんが受賞。声優自らの名前もしくは演じている役名でラジオ、ウェブラジオ、テレビその他の番組でパーソナリティとして活躍している声優を表彰する「ベストパーソナリティ賞」に岩田光央さん、声優自らの名前もしくは演じている役名で歌唱している人・グループを称える「歌唱賞」には後ろから這いより隊Gが輝いた。

そして、原則としてデビューして5年以内であり、対象期間中に新人賞を取るにふさわしい活躍をした声優に贈られる「新人男優賞」は島﨑信長さんと山本和臣さん、「新人女優賞」は石原夏織さんと大久保瑠美さんが受賞した。

第7回「声優アワード」授賞式は、3月2日(土)18時から文化放送メディアプラスホールで開催。授賞式には主演男優賞・女優賞、助演男優賞・女優賞、新人男優賞・女優賞、歌唱賞、パーソナリティ賞などの各賞受賞者が登壇する予定で、その模様が超!A&G+にて動画で生中継される。

なお、特別功労賞、功労賞、シナジー賞、富山敬賞、高橋和枝賞、キッズファミリー賞は2月18日に先行発表されており、故人の中で長年にわたり外画も含め多くのジャンルに貢献された役者および作品を称える「特別功労賞」を「ちびまる子ちゃん」のさくら友蔵役や「宇宙戦艦ヤマト」の真田志郎役などで知られる青野武さんが受賞。長年にわたり外画も含め多くのジャンルに貢献された役者および作品を表彰する「功労賞」に野沢雅子さんと近石真介さんが輝いた。

作品として声優の魅力を最大限に発揮したことを表彰する「シナジー賞」には「タツノコプロ50周年」作品、声優という職業を各メディアを通じて多く広めた「富山敬賞」を三ツ矢雄二さん、その女性版「高橋和枝賞」を緒方恵美さんが受賞。子どもたちによる視点の「キッズファミリー賞」は田中真弓さんが選ばれた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月4日(日)

2016年12月3日(土)

2016年12月2日(金)

今日予約開始の商品