■ 森見登美彦「有頂天家族」が今夏アニメ化、キャストに櫻井孝宏ら

「夜は短し歩けよ乙女」「四畳半神話大系」などで知られる森見登美彦さんの小説「有頂天家族」のTVアニメ化が決定。今年7月から放送がスタートする。

「有頂天家族」は、狸の名門・下鴨家四兄弟を中心にした奇想天外で時に切ない壮大な青春ファンタジー作品。キャラクター原案を「さよなら絶望先生」「じょしらく」などでおなじみの漫画家・久米田康治さん、アニメーション制作をP.A.WORKSが手掛ける。

メインキャストも発表され、偉大な父の阿呆の血を色濃く継いだ下鴨家の三男の下鴨矢三郎役を櫻井孝宏さん、父の跡を継ごうと一人奮闘する生真面目だが土壇場に弱い長男の一郎役を諏訪部順一さん、蛙の姿でずっと井戸にこもっているやる気のない次男の二郎役を吉野裕行さん、臆病ですぐに尻尾を出してしまう未熟者の四男の四郎役を中原麻衣さん、宝塚をこよなく愛し、四兄弟を優しく見守る下鴨家の母を井上喜久子さん、天狗の神通力を得て空を自在に飛び回る妖艶なる美女の弁天役を能登麻美子が演じる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月9日(金)

2016年12月8日(木)

2016年12月7日(水)