■ 2012年度の声優養成サービスの市場規模は2.8%増の56億円

矢野経済研究所による芸能系プロフェッショナル養成サービス市場に関する調査結果によると、声優養成サービスの市場規模は2012年度が前年度比2.8%増の56億円だったとのことだ。

芸能系プロフェッショナル養成サービスの定義とは、主に専門学校や民間事業者が運営する養成機関の教育サービスの収入や売上を対象としたもの。

俳優・タレント養成サービス、お笑い芸人養成サービスの市場規模が縮小傾向にある中で、声優養成サービスは1990年代の声優ブーム以降、専門雑誌や声優アーティストのライブなど声優が注目される環境が継続していることから、緩やかに拡大しており、2013年度は前年度比1.1%増の56億6000万円と予測されている。

ちなみに、2012年度の俳優・タレント養成サービスの市場規模は62億円、お笑い芸人養成サービスの市場規模は8億2000万円。声優養成サービスの市場規模はけっこう大きいようだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月11日(日)

2016年12月10日(土)

2016年12月9日(金)