■ 「ハル」がいよいよ公開、舞台挨拶に細谷佳正、日笠陽子が登壇

劇場中編アニメ「ハル」がいよいよ6月8日から公開され、新宿ピカデリーでハル役の細谷佳正さん、くるみ役の日笠陽子さん、牧原亮太郎監督による初日舞台挨拶が実施された。

舞台挨拶では3人が公開を迎えた心境やアフレコ時のエピソードなどを語ったほか、公開初日を祝して「スイーツパラダイス」とのコラボで制作した、作中でくるみが大好きなキリンをモチーフにしたケーキ「ショコラ・オ・くるみ」が登場。会場の観客と細谷佳正さん、日笠陽子さんの掛け声に合わせて、牧原亮太郎監督によるケーキ入刀も行われた。

さらにサプライズで、日笠陽子さんから細谷佳正さん、牧原亮太郎監督へ、くるみの大好きなボタンをモチーフにしたブローチと主題歌「終わらない詩」のCDをプレゼント。最後に細谷佳正さんが全国の「ハル」ファンに向けて「『ハル』は観ていただいた方のそれぞれの感性で違った受け取り方ができるし、皆さんの中でいろんな色で育っていく作品だと思います。是非、何回もご覧になって、その度に新しい発見をしていって下さい」とメッセージを送り、舞台挨拶は終了した。


公開初日を迎えた感想は?
細谷佳正:プレアフレコに参加させていただいてから、1本の映画として完成するまでには、長くて、濃い時間がありました。初日の前にも完成披露試写会や女子限定イベントなどの機会はありましたが、早く公開して皆さんに観ていただきたい気持ちでいっぱいでした。こうして、初日を迎えて、客席がお客さんでうまっているのを見て、本当に嬉しく思います。

日笠陽子:私はプレアフレコには参加できなかったんですが、主題歌のレコーディングに音響監督がいらっしゃって、その後のアフレコにうまく繋げていただけました。こうして色んなことが繋がって出来あがった作品を皆さんのもとに届けることができて、とても嬉しいです。

牧原亮太郎監督:普通に電車に乗ってここまで来て、いつも映画を観ている劇場で自分が前に立って話をしていると、化かされているような気もします。木皿泉さんから脚本をいただいたのが去年の4月で、1年ほどかけて作ってきました。キツいこともありましたが、公開初日にはお客さんが来てくれるはずだ、というのを心のよりどころに頑張ってきたので、今日こうしてみなさんのお顔を拝見できて本当に嬉しいです。

アフレコ時の思い出は?
細谷佳正:アフレコの前に監督がキャスト、スタッフを集めて、ディスカッションしながら作品のテーマや、伝えたいことを共有してくれる場があり、それはとても豊かな時間で印象深い思い出です。

日笠陽子:細谷さんとは共演した機会は少ないのですが、とても信頼できる相手なので、二人で「ハル」の世界を築いていけるなと思い、不安なくスッと役に入っていけました。

初監督作品を作り上げての心境は?
牧原亮太郎:アニメーターとしてキャリアをはじめて10年、朝から夜まで机に向かって絵を描いていて、監督になってもそれは変わらないので気負いはないですが、本当にたくさんのスタッフが関わっているので、彼らのためにもちゃんとした作品にしなければ、という想いはありました。


「ハル」は、事故で最愛のハルを失ったくるみとハルの替わりとなるロボハルによる、ロボットによる近未来ラブストーリー。最愛の人を亡くしたヒロインと、彼女が再び笑顔になれるようにと願うヒト型ロボットが心を通わせていく様子が紡がれている。新宿ピカデリーほか全国劇場にて大ヒット上映だ。

(c)2013 ハル製作委員会

関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月2日(金)

2016年12月1日(木)

2016年11月30日(水)

今日予約開始の商品