■ 映画「10人の泥棒たち」の舞台挨拶に声優ドリームチームが登壇

本日から2週間限定で上映されている映画「10人の泥棒たち」の舞台挨拶が、2度にわたってTOHOシネマズ六本木で行われた。

舞台挨拶には、「10人の泥棒たち」日本オリジナル版の吹き替えを担当した声優ドリームチームが揃って登壇。しかも、10名それぞれが自ら演じている登場人物になりきった衣装で姿を見せ、劇場は大いに盛り上がった。

「10人の泥棒たち」は韓国映画史上歴代1位の観客数を動員し、香港をはじめとするアジア全域でも大ヒットを記録。世界にたった1つしかないダイアモンド“太陽の涙”を巡って10人の野心を抱えた男女10人の泥棒たちが観客の予想を裏切る駆け引きを見せるエンターテインメント作品となっている。


山寺宏一さん演じる強奪作戦の首謀者・マカオ・パクは、マカオのカジノで一夜にして88億ウォンを稼いだという伝説の持ち主。どんな状況でもポーカーフェイスを崩さず、めったなことでは本音を表に出さない。山寺宏一さんはメインビジュアル(右上)そのままの衣装姿で、舞台挨拶でもリーダーとしての役割を存分果たしていた。

生まれ持った演技力で相手を欺くベテランの泥棒のガム役の小山茉美さんは、白いスーツにサングラス姿でガムそのもの。小心者のガンマン・アンドリュー役の小山力也さんはウソか本当かどうかはわらかないが、アンドリューのモジャモジャヘアを再現するために朝5時から準備をしていたそうだ。

●左からマカオ・パク役の山寺宏一さん、ガム役の小山茉美さん、ガンマン・アンドリュー役の小山力也さん

天性の金庫破りのジュリー役の小松由佳さんはセクシーな黒尽くめの衣装で登場。マカオ・パクの提案に乗って合流した中国チーム4人組のリーダー・チェン役の石塚運昇さんはまさにボスの貫禄十分。金庫破りのエキスパート・ペプシ役の朴ロ美さんはヒールが超高い靴を履き、小山力也さんにツッコミを入れられる場面も。ロープ使いの達人で、生まれ持ったスタイルのよさと美貌を誇るイェニコール役を演じた平野綾さんはセクシーというよりもキュートな出で立ちで登場した。

●左からジュリー役の小松由佳、チェン役の石塚運昇、ペプシ役の朴ロ美さん、イェニコール役の平野綾さん

純情な新入りでイェニコールから弟のように扱われるザンパノ役の野島健児さんは、ザンパノがまるでスクリーンから飛び出してきたような純情派ボーイに。マカオ・パクを出し抜こうと狙っている韓国チームのボス・ポパイ役の平田広明さんは白いハット姿がダンディで観客からもカッコいいとの声が上がっていた。そして、最後にクールなガンマン役を演じた中井和哉さんからの「無口なガンマン役って、声優としてはどうなのか?」とのコメントに、観客はもちろん、声優ドリームチームからも笑いが起きていた。

●左からザンパノ役野島健児さん、ポパイ役の平田広明さん、ガンマン役の中井和哉さん

登壇者によるトークタイムでは、さすが長いキャリアと実績を誇る声優陣が揃っただけに、絶妙なトークを展開。普段現場では静かという小山力也さんのハシャギっぷりに朴ロ美さんが何度も「やめなさい」というシーンもあったり、ドリームチームの見事な掛け合いに歓声が上がっていた。そして挨拶の最後には、山寺宏一さんが反論を呼んだ誰かさんの発言を引き合いに出し、「この映画の吹き替え版を見れば、声優にはスキルが必要ということがわかるはず」と締めくくり、拍手喝采を浴びていた。



巨大カジノに眠る世界に1つしかない幻のダイヤモンド「太陽の涙」を強奪するため集められた野心を抱える10人のプロ集団。3つの恋愛が交差した巧妙な脚本が作品の深みを増し、予期せぬ展開へと観客を魅了していく――。ソウル、香港、マカオ、釜山と大都市での壮大なロケを敢行し、練に練られた緻密なストーリーを彩るように、ほぼノースタントで挑んだ華麗な生身のワイヤーアクション、怒涛の銃撃シーンなど、ダイナミックな本物のライブ・アクションが繰り広げられていく。“太陽の涙”は一体、誰が手に入れるのか? それぞれの恋の行方は? 果して最後に笑うのは!?

『10人の泥棒たち』
6/22(土)より、TOHOシネマズ 渋谷ほか 全国2週間限定公開!
【全上映<全席指定>チケット 6/1(土)より発売開始】
配給:ライブ・ビューイング・ジャパン

(C)2012 SHOWBOX/MEDIAPLEX AND CAPER FILM ALL RIGHTS RESERVED.

このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月7日(水)

2016年12月6日(火)

2016年12月5日(月)

今日予約開始の商品