■ 「黒子のバスケ」第3期第2クールの新キャストに置鮎龍太郎&林勇

現在放送中のTVアニメ「黒子のバスケ」第3期の第2クール「帝光編」から登場する追加キャストが発表され、帝光中学校の虹村修造役を置鮎龍太郎さん、荻原シゲヒロ役を林勇さんが演じることが決定した。

第3期の第2クールの主題歌情報も発表され、「帝光編」のオープニングテーマ「ZERO」を小野賢章さん、エンディングテーマ「アンビバレンス」をSCREEN mode、「誠凛VS洛山編 」のオープニングテーマをGRANRODEO、エンディングテーマを久しぶりにOLDCODEXが担当する。

「ZERO」は、黒子テツヤ役を演じている小野賢章さんの2ndシングルとして4月8日にリリース。初回限定盤にはDVDが同梱される。一方の「アンビバレンス」を歌うSCREEN modeは、声優の林勇(勇-YOU-)さんと音楽プロデューサーの太田雅友(雅友)さんによる音楽ユニット。アーティスト盤、アニメ盤ともにDVDが同梱される。

「黒子のバスケ」は藤巻忠俊さんが「週刊少年ジャンプ」で連載していたバスケ漫画を原作に、2012年にTVアニメ化。TVシリーズ第2期が2013年10月から放送された。影の薄い黒子テツヤと天賦の才を持つ火神大我が誠凛高校のバスケットボール部で出会い、光と影のコンビが織り成す快進撃が描かれている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2020年11月26日(木)

2020年11月25日(水)

2020年11月24日(火)

2020年11月23日(月)

2020年11月22日(日)

予約受付中の人気作品