■ TVアニメ「実は私は」キャストに芹澤優、水瀬いのり、内田彩ほか

TVアニメ化が決定している「実は私は」の公式サイトがオープンし、女性キャスト、スタッフ、メインビジュアルが発表された。

「実は私は」は、増田英二さんが「週刊少年チャンピオン」で2013年から連載中のチョイアホ人外ヒロインラブコメ漫画。吸血鬼ヒロインの白神葉子役を芹澤優さん、宇宙人委員長の藍澤渚役を水瀬いのりさん、外道クイーンの朱美みかん役を上田麗奈さん、狼男で痴女の紫々戸獅穂役を内田彩さん、校長で悪魔の紅本茜役をM・A・Oさん、茜の末裔でクラス担任の紅本明里役を新田恵海さんが演じ、ドタバタラブコメ感を盛り上げる。

監督は「侵略!?イカ娘」「ヒーローバンク」の山本靖貴さん、シリーズ構成を「フレッシュプリキュア!」「宇宙兄弟」の山下憲一さん、キャラクターデザインを「マクロスF」「ノブナガ・ザ・フール」の丸藤広貴さん、アニメーション制作をトムス・エンタテインメントが手掛ける。

TVアニメ「実は私は」概要
気になっていた女の子、白神葉子に告白するため主人公・黒峰朝陽が開けた放課後の教室の扉。するとそこには「牙」と「コウモリのような羽」をはやした葉子の姿があった。白神葉子はなんと吸血鬼だったのだ! 葉子は他人に吸血鬼であることがばれてしまったら、退学するという約束を父親としていた。それを聞いた朝陽は「秘密は絶対にばらさない」と葉子に誓う。このことをきっかけに距離が縮まる朝陽と葉子。朝陽はなんとか己の好意を伝えようとするが、次から次にトラブル発生、さらにはたくさんの『人外の者たち』も現れて……果たして朝陽の恋の行方は……!?

(C)増田英二(週刊少年チャンピオン)/じつわた製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年7月30日(金)

2021年7月29日(木)

2021年7月28日(水)

2021年7月27日(火)

2021年7月26日(月)

予約受付中の人気作品