■ 「アルスラーン戦記」先行上映会に小林裕介、細谷佳正らが登壇

いよいよ本日より毎週日曜午後5時からMBS/TBS系全国28局ネットでスタートするTVアニメ「アルスラーン戦記」の先行上映会が、4月4日にユナイテッド・シネマ豊洲で開催された。


まずステージには、司会を務めるニッポン放送の吉田尚記アナウンサーが登壇。直前に届いたという、とある人物からのメッセージを読み上げたのち、本日のイベントでは予定を変更して、第1話に加えて第2話も上映されることを告知する。

そして、さっそく本編の上映がスタート。巨大なスクリーンで大迫力の映像が展開され、上映終了後には、会場から自然と大きな拍手が沸き起こった。

そこから再び登壇した司会の呼び込みで、アルスラーン役の小林裕介さん、ダリューン役の細谷佳正さん、エラム役の花江夏樹さんの3名がステージに現れる。


「愉快な青年たち」という呼び込みのフレーズにひっかけて、会場の笑いを誘う3人。和やかな空気になったところで、なんと、出演者としてクレジットされていなかった、ナルサス役の浪川大輔さんがサプライズゲストとして登場。会場の空気はさらに盛り上がる。

ここであらためて、司会が冒頭のメッセージを読み上げ、それが原作者・田中芳樹先生からの直筆コメントであることを明かす。田中先生は、先日、アフレコ現場を訪れていたということで、スタジオでの田中先生の様子などを交えながら、アフレコでのキャスト陣の賑やかなエピソードが披露される。


息の合ったトークで、キャスト陣の仲の良さがひとしきり会場に知れ渡ると、ここで2人目のスペシャルゲスト、エンディングテーマ「ラピスラズリ」を歌う藍井エイルさんが登場。軽い挨拶を挟んで、その「ラピスラズリ」を、本邦初となる長尺版で歌唱する。情感たっぷりな生の歌声に、観客のみなさんはもちろん、ステージ脇で聴いていたキャスト陣も、興奮を隠せない。

続けて、出演者全員のサインが入ったポスタープレゼントの抽選を経て、イベントは終演に向かう。


全員から一言ずつ、「ぜひぜひ『アルスラーン戦記』をみんなで一緒に、愛していけたらいいなと思います」(藍井エイルさん)。「今日、初めて『アルスラーン戦記』のステージに立たせてもらって、みなさまの期待がすごいなというのを、ひしひしと感じました。これからも収録をがんばっていきますので、よろしくお願いします!」(浪川大輔さん)、「こんなにすごい作品に関わらせていただいて本当に幸せに思います。本当に魅力的で個性的でキャラクターたちばかりなので、ぜひ2話以降も楽しんでいただければ」(花江夏樹さん)、「収録現場でも、この作品はすごく面白い、いい作品になっていくだろうなと思っていましたが、今日のイベントでみなさんの反応を見て、期待が確信に変わったなという感じが個人的にしております。ぜひみなさんも応援していっていただけたらと思います」(細谷佳正さん)、「本当に胸がいっぱいです。少しでもみなさんに感動を与えられるように、キャスト・スタッフ一同、本当にがんばっておりますので、ぜひ、いろんな人に広めていただきたいです。WEBラジオも聞いていただき、より『アルスラーン戦記』の世界を満喫していただけば嬉しいです」(小林裕介さん)と、コメントを述べたのち、最後は客席も含む会場の全員で「突撃(ヤシャスィーン)!」の叫び声をあげ、大熱狂の中でイベントは終了した。


「アルスラーン戦記」は、「銀河英雄伝説」「創竜伝」などで知られる田中芳樹さんによる大河ファンタジー小説を原作に、荒川弘さんによるコミカライズ版が「別冊少年マガジン」で連載中。権謀術策が渦巻く大陸を舞台に、強国の侵攻により国を追いやれたパルス国の王太子とした生まれた少年のアルスラーンが、戦士の中の戦士の異名を持つ騎士・ダリューンとともに次々に襲いかかる敵、そして過酷な運命へと立ち向かい、成長していく姿がドラマティックに描かれる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年7月23日(金)

2021年7月22日(木)

2021年7月21日(水)

2021年7月20日(火)

2021年7月19日(月)

予約受付中の人気作品