■ めんまと一緒に学ぶ映画「ここさけ」劇場マナーCMがウェブで解禁

9月19日(土)から公開される劇場版オリジナルアニメ「心が叫びたがってるんだ。」(以下「ここさけ」)の本編映像を交えたオリジナル劇場マナーCMがウェブで解禁となった。

オリジナル劇場マナーCM「『心が叫びたがってるんだ。』から学ぶ青春映画のススメ”」のナレーションは、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」のめんま(本間芽衣子)が担当。青春映画の楽しみ方が4つのポイントからガイドされている。

「心が叫びたがってるんだ。」は、2013年に公開されて観客動員数77万人、興行収入10億円突破、興行収入ランキング7週連続トップ10入りを果たしたアニメ「劇場版あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」のスタッフが贈る、秩父を舞台にした青春群像劇。監督の長井龍雪さん、脚本の岡田麿里さん、キャラクターデザインの田中将賀さんが「とらドラ!」「あの花」に続いて再びタッグを組み、心の傷、葛藤、切なさ、人間本来の姿に真正面から向き合いながら、人と人との絆が描かれる。

成瀬順役を水瀬いのりさん、坂上拓実役を内山昂輝さん、仁藤菜月役を雨宮天さん、田崎大樹役を細谷佳正さん、城嶋一基役を藤原啓治さん、成瀬泉役を吉田羊さんが演じる。


■「心が叫びたがってるんだ。」ストーリー
幼い頃、何気なく発した言葉によって、家族がバラバラになってしまった少女・成瀬順。そして突然現れた“玉子の妖精”に、二度と人を傷つけないようお喋りを封印され、言葉を発するとお腹が痛くなるという呪いをかけられる。それ以来トラウマを抱え、心も閉ざし、唯一のコミュニケーション手段は、携帯メールのみとなってしまった。

高校2年生になった順はある日、担任から「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命される。一緒に任命されたのは、全く接点のない3人のクラスメイト。本音を言わない、やる気のない少年・坂上拓実、甲子園を期待されながらヒジの故障で挫折した元エース・田崎大樹、恋に悩むチアリーダー部の優等生・仁藤菜月。彼らもそれぞれ心に傷を持っていた。

担任の思惑によって、交流会の出し物はミュージカルに決定するが、クラスの誰も乗り気ではない様子。しかし拓実だけは、「もしかして歌いたかったりする?」と順の気持ちに気づいていたが、順は言い出せずにいた。そして、だんまり女にミュージカルなんて出来るはずがないと、揉める仲間たち。自分のせいで揉めてしまう姿を見て順は思わず「わたしは歌うよ!」と声に出していた。

そして、発表会当日、心に閉じ込めた“伝えたかった本当の気持ち”を歌うと決めたはずの順だったが…。


■「心が叫びたがってるんだ。」
9月19日(土) 全国公開
配給:アニプレックス
制作:A-1 Pictures 製作:「心が叫びたがってるんだ。」製作委員会
(C)KOKOSAKE PROJECT
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年7月23日(金)

2021年7月22日(木)

2021年7月21日(水)

2021年7月20日(火)

2021年7月19日(月)

予約受付中の人気作品