■ 「対魔導学園35試験小隊」の放送日時が決定、先行上映会も開催

10月からスタートするTVアニメ「対魔導学園35試験小隊」の放送日時が決定した。

●TOKYO MX 10月7日より 毎週水曜日 25:05~
●サンテレビ 10月7日より 毎週水曜日 26:00~
●TVQ九州放送 10月7日より 毎週水曜日 26:35~
●チバテレビ 10月8日より 毎週木曜日 25:00~
●テレビ神奈川 10月8日より 毎週木曜日 25:00~
●テレビ埼玉 10月8日より 毎週木曜日 25:05~
●岐阜放送  10月8日より 毎週木曜日 25:45~
●三重テレビ放送 10月8日より 毎週木曜日 26:20~
●BS11 10月9日より 毎週金曜日 27:00~

また、「対魔導学園35試験小隊」プレミアムイベントが9月27日(日)に角川シネマ新宿シネマ1で開催されることも決定。先行上映会&トークイベントで、上田麗奈さん、大久保瑠美さん、白石涼子さん、伊藤かな恵さん、野水伊織さんが登壇する。チケットの料金は3500円で、劇場オンライン販売が9月5日(土)21時からスタート。劇場窓口でも9月6日(日)オープン時から販売される。

「対魔導学園35試験小隊」は、柳実冬貴さんのライトノベルが原作。武力の頂点の座は剣から魔法、そして銃へと移り変わり、魔力を持つ人間が滅びようとしている中、残存する魔力の脅威を取り締まる「異端審問官」の育成機関、通称「対魔導学園」を舞台に、剣しか使えない草薙タケル率いる学園一の落ちこぼれ部隊である第35試験小隊の隊員たちと、そこに入隊てきた魔女狩りの資格を有する超エリートの拳銃使い・鳳桜花の物語が描かれる。

草薙タケル役を細谷佳正さん、鳳桜花役を上田麗奈さん、西園寺うさぎ役を大久保瑠美さん、杉波斑鳩役を白石涼子さん、二階堂マリ役を伊藤かな恵さん、ラピス役を野水伊織さん、ホーンテッド役を遊佐浩二さん、星白流役を山田奈都美さん、草薙キセキ役を安済知佳さん、鳳颯月役を三木眞一郎さんが演じる。

草薙タケル(CV.細谷佳正
対魔導学園35試験小隊――通称「雑魚小隊」の隊長。今や時代遅れとなった“剣”の使い手で、剣術では右に出る者はいないほどの腕を持っているものの射撃能力ゼロ、学力ゼロ、と本当に剣術しか取り柄がない。お人好しで仲間想いではあるが、“剣”をバカにされると頭に血がのぼってしまう一面もある。

鳳桜花(CV.上田麗奈
最年少で異端審問官となり活躍していたものの、とある命令違反によって免許をはく奪された少女。育成機関である対魔導学園へ戻ってきた彼女は、タケル率いる35小隊に配属されることになる。正義感の強さゆえに融通の利かない性格で、曲がったことが大嫌い。また悪しき魔女に対し、激しい憎悪を抱えている。

西園寺うさぎ(CV.大久保瑠美
35小隊の隊員で、狙撃手を担当。狙撃の腕は並外れているが、極度のあがり症で肝心なときにとんでもないミスを犯してしまうことも多い。何事にも一生懸命な努力家ゆえに、「雑魚小隊」と揶揄される現状に誰よりも不満を抱いている。自分の名前にコンプレックスがあり、下の名前で呼ばれると顔を真っ赤にして怒る。

杉波斑鳩(CV.白石涼子
35小隊のムードメーカーで、明晰を通り越した超人的頭脳の持ち主。小隊では整備担当で天才的な手腕を持つのだが、本人はもっぱら兵器開発や改造にしか興味を示さない。ハッキングで情報収集をしたり、隊員の銃を違法改造したり、セクハラを仕掛けたり……など困った行動も多数見受けられる。

二階堂マリ(CV.伊藤かな恵
古代属性魔法「極光」を操る魔女。「魔法は人を幸せにするためにある」が信条の、明るく天真爛漫な女の子。「幻想教団(ヴァルハラ)」のホーンテッドとともに行動し、とある事情から彼の企みに協力する。その後、ある事件現場にて記憶喪失状態で発見され、35小隊が彼女の護衛任務にあたることに。最初は35小隊の面々と距離を置こうとするが……。

ラピス(CV.野水伊織
瑠璃色の瞳と髪に瑠璃色の修道服を纏う少女。その正体は古来より伝わる武器<レリックイーター>のひとつ、「ミスティルテイン(宿り木)」。黄昏仕様(トワイライトタイプ)という特殊な魔導遺産で、レリックイーターの中では唯一の刀剣型。ありとあらゆる刀剣に形を変えることができる。タケルの死の間際に現れ、彼 を宿主に選ぶ。普段は無口で無表情だが、実はプライドが高く、タケルが他の武器を使用しようとすると嫉妬する一面も。

ホーンテッド(CV.遊佐浩二
古代属性魔法「絶望」を扱うS級危険指定の魔法使い。死霊術師にして錬金術師であり、また召喚師であり元神父でもあるが、その生い立ちは一切不明。「絶望」をこよなく愛し、相手を最高のシチュエーションで絶望にたたき落とすことに快感を覚え、それを生き甲斐にしている。魔女の失地回復を目論む「幻想教団(ヴァルハラ)」の幹部だが、組織の目的を遂行するため以上に、自らの歪んだ美学に基づいた行動をとる。

星白流(CV.山田奈都美)
ぱっと見の外見はまるで小さな女の子のように見えるが、実は17歳という対魔導学園の生徒会長。つねに明るく笑顔を浮かべ、こたつに入ってのんびりと話している姿は、まるでネコのよう。しかしどんな緊急事態でも決して取り乱すことなく、冷静沈着に判断を下す、頼れる指揮官でもある。

草薙キセ(CV.安済知佳
タケルの唯一の肉親にして、彼が最も愛する妹。引っ込み思案な性格で、もじもじと話す様子はまるで小さな女の子。

鳳颯月(CV.三木眞一郎
対魔導学園の理事長にして、異端審問会の会長。常に飄々としてつかみどころがない人物。家族のいない桜花にとっては唯一の庇護者であり、学園に戻ってきた彼女を35試験小隊に配属したのも、彼の思惑によるものだった。またタケルとラピスを引き合わせるなど、何らかの思惑に従って動いていると思われるが……? 美しい笑顔の裏に隠した本当の意図は、本人以外誰も知らない。

■TVアニメ「対魔導学園35試験小隊」イントロダクション
強大な魔法で人々を恐怖に陥れた「魔女」たちと、人類の間で繰り広げられた「魔女狩り戦争」が終結してから150年。残存する魔導の脅威を取り締まる「異端審問官」の育成機関「対魔導学園」では、今日も若き志願者たちが訓練に励んでいた。

剣では誰にも負けない腕前を持つ草薙タケルもまた、対魔導学園に通う生徒のひとり。しかし武力の頂点は、剣から魔法、そして銃へと移り、彼が振るう“剣”はすでに時代遅れのものとなっていた。

絶望的に銃の才能に欠けるタケルが隊長を務める「35試験小隊」、通称「雑魚小隊」は、彼を含め、劣等生たちの寄せ集め部隊。そんな小隊にある日、元異端審問官である夕焼け色の髪を持つ少女・鳳桜花が入隊することに。魔女に対し異常なほどの憎しみを抱えた彼女との出会いを機に、35小隊の運命の歯車は大きく回り始める……。

「あなたは目的のためならば大切なものを捨てられますか?」

突きつけられる“瑠璃色”の問い。魔女、死霊術師、錬金術師、魔導遺産……、世界を巻き込む様々な脅威に立ち向かっていく“最弱”の雑魚小隊。それぞれに“秘密”を背負い出会った問題児たちの歩む道とは…!?


(C)2015 柳実冬貴・切符/KADOKAWA/対魔導学園35製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年7月24日(土)

2021年7月23日(金)

2021年7月22日(木)

2021年7月21日(水)

2021年7月20日(火)

予約受付中の人気作品