■ 「ここさけ」鑑賞で乃木坂46の心が叫ぶ(?)スペシャル映像公開

現在公開中の劇場版アニメ「心が叫びたがってるんだ。」が10月5日時点で累計動員49万892人、累計興行収入6億680万4650円という好調な推移を見せている。そんな中、主題歌「今、話したい誰かがいる」を歌っている乃木坂46のメンバーのうち15人が「心が叫びたがってるんだ。」を鑑賞し、その様子と感動のコメントを収めたスペシャル映像が完成した。

「心が叫びたがってるんだ。」はミュージカルが舞台なのでコーラスで歌う曲を最後にと考えた「ここさけ」スタッフが、乃木坂46の持つ青春感や疾走感、歌詞が持つ切なさがピッタリとオファーし、新曲「今、話したい誰かがいる」が主題歌としてエンドロールを飾ることとなった。


今回の映像は、鑑賞後すぐに涙も乾かぬまま、15人1人ひとりに感想を聞いたもの。言葉の大切さを実感したという感想が多く見られるが、アイドルとしての心情、迷いを吐露するなど、普段見られない胸の中も垣間見られる。彼女たちの涙を誘う本編映像も交え、本作の見どころも楽しめる内容となっている。


「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」のスタッフが贈る劇場版アニメ「心が叫びたがってるんだ。」は、再び秩父を舞台にした完全オリジナルストーリーの感動青春群像劇。子ども時代にうっかり話してしまった<ある事>がきっかけで、家族がバラバラになってしまい、二度と人を傷つけないようにお喋りを“封印”されてしまった少女・順を軸に、心の傷、葛藤、誰かを想う切なさ、人と人との絆が描かれている。

成瀬順役を水瀬いのりさん、坂上拓実役を内山昂輝さん、仁藤菜月役を雨宮天さん、田崎大樹役を細谷佳正さん、城嶋一基役を藤原啓治さん、成瀬泉役を吉田羊さんが演じている。

■「心が叫びたがってるんだ。」ストーリー
幼い頃、何気なく発した言葉によって、家族がバラバラになってしまった少女・成瀬順。そして突然現れた“玉子の妖精”に、二度と人を傷つけないようお喋りを封印され、言葉を発するとお腹が痛くなる呪いをかけられる……。それ以来トラウマを抱え、目立たないように生きてきた順だったが、ある日「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命され、なんとミュージカルの主役に抜擢されてしまう……。

■「心が叫びたがってるんだ。」
大ヒット上映中!
配給:アニプレックス
(C)KOKOSAKE PROJECT
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年7月23日(金)

2021年7月22日(木)

2021年7月21日(水)

2021年7月20日(火)

2021年7月19日(月)

予約受付中の人気作品