■ アニメ「対魔導学園35試験小隊」第2話のあらすじ&先行カット到着

10月からスタートしたTV「対魔導学園35試験小隊」の第2話「英雄召喚」のあらすじ&先行カットが到着した。

「対魔導学園35試験小隊」は、柳実冬貴さんのライトノベルが原作。武力の頂点の座は剣から魔法、そして銃へと移り変わり、魔力を持つ人間が滅びようとしている中、残存する魔力の脅威を取り締まる「異端審問官」の育成機関、通称「対魔導学園」を舞台に、剣しか使えない草薙タケル率いる学園一の落ちこぼれ部隊である第35試験小隊の隊員たちと、そこに入隊てきた魔女狩りの資格を有する超エリートの拳銃使い・鳳桜花の物語が描かれている。

草薙タケル役を細谷佳正さん、鳳桜花役を上田麗奈さん、西園寺うさぎ役を大久保瑠美さん、杉波斑鳩役を白石涼子さん、二階堂マリ役を伊藤かな恵さんが演じている。

■TVアニメ「対魔導学園35試験小隊」第2話「英雄召喚」あらすじ
「俺はお前の仲間になることを諦めない」と、桜花に告げたタケル。しかし彼はある墓地を前にして、桜花が魔女を憎むキッカケとなった凄惨な出来事を知る。「他人がいれば私の復讐の邪魔になる―」桜花の瞳に宿る哀しみの深さに、タケルは思わず言葉を失ってしまう。しかしその瞬間、爆炎と悲鳴が街から噴きあがる。「さあ、見せてくれ。この平和な時代の終焉を、安楽の幕引きを!」。黒衣に身を包んだ幻想教団(ヴァルハラ)の幹部・ホーンテッドが、哄笑とともに呼び出したのは、伝説の魔法生物〈英雄〉(エインヘリヤル)アーサー・ペンドラゴン。〈英雄〉は、対魔導学園へと向かっていた……。







(C)2015 柳実冬貴・切符/KADOKAWA/対魔導学園35製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年7月30日(金)

2021年7月29日(木)

2021年7月28日(水)

2021年7月27日(火)

2021年7月26日(月)

予約受付中の人気作品