■ 京アニ制作「映画 聲の形」のメインキャストに入野自由、早見沙織

「週刊少年マガジン」に連載され、数々の賞に輝いた大今良時さんの漫画を原作に、9月17日(土)から公開される「映画 聲の形」の第2弾ビジュアルが到着。メインキャスト情報も解禁となった。

「聲の形」は、手塚治虫文化賞新生賞、コミックナタリー大賞、「このマンガがすごい!2015」オトコ編第1位(宝島社刊)など数々の賞を受賞。聴覚の障害によっていじめを受けるようになった少女・西宮硝子と、彼女のいじめの中心人物となったのが原因で周囲に切り捨てられ孤独になっていく少年・石田将也の2人の物語が描かれる。

石田将也役を「千と千尋の神隠し」のハク役や「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 のじんたん役などでおなじみの入野自由さん、西宮硝子役を「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」の雪ノ下雪乃役や「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の新垣あやせ役、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」のつるこ役などの早見沙織さんが演じる。

アニメーション制作を京都アニメーションが手掛け、監督を「映画 けいおん!」「たまこラブストーリー」の山田尚子さん、脚本を「けいおん!」「ガールズ&パンツァー」の吉田玲子さん、キャラクターデザインを「氷菓」「Free!」の西屋太志さんが担当する。

「映画 聲の形」ストーリー
“退屈すること”を何よりも嫌う少年、石田将也。ガキ大将だった小学生の彼は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。彼女が来たことを期に、少年は退屈から解放された日々を手に入れた。しかし、硝子とのある出来事がきっかけで将也は周囲から孤立してしまう。やがて5年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。“ある出来事”以来、固く心を閉ざしていた将也は硝子の元を訪れる。これはひとりの少年が、少女を、周りの人たちを、そして自分を受け入れようとする物語――。


(C)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会
関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2020年10月20日(火)

2020年10月19日(月)

2020年10月18日(日)

2020年10月17日(土)

2020年10月16日(金)

予約受付中の人気作品